用語集

ナルトレキソン

ナルトレキソン(Naltrexone)は、中枢神経系に作用してオピオイド受容体の働きをブロックする薬剤です。主にアルコール依存症やオピオイド依存症の治療に使用されますが、他の疾患や症状の治療にも応用されることがあります。 アルコール依存症の...
用語集

眠剤の筋弛緩作用

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の副作用の一つに、筋肉の緊張が緩んで力が入りにくくなる筋弛緩作用があります。そのため、目覚めた時に足に力が入りにくくなり、歩行時にふらついて転倒する危険性があります。この筋弛緩作用によって、首周りの筋肉も緩んでしまう...
用語集

ベンゾジアゼピン

ベンゾジアゼピンは、中心に縮合したベンゼン環とジアゼピン環を持つ化学構造を有する向精神薬です。略記されるときには、BZD、BDZ、BZP、BZなどの表記が用いられます。 こちらも参考に:休職期間満了による退職は解雇?それとも自己都合退職?注...
用語集

ジストニア

ジストニアは、脳の異常な活動によって引き起こされる、不随意で持続的な筋肉の収縮を特徴とする神経障害です。この収縮は、筋肉の収縮と弛緩のバランスが崩れることで起こります。ジストニアの症状は、発症する筋肉の部位や程度によってさまざまです。代表的...
用語集

高プロラクチン血症

高プロラクチン血症とは、脳の下垂体から分泌されるホルモンであるプロラクチンの値が正常値よりも高い状態のことです。プロラクチンは、乳腺の発達や乳汁分泌を促すホルモンです。高プロラクチン血症になると、乳汁分泌や月経不順などの症状が現れることがあ...
用語集

薬の隔日法

薬の服用頻度を徐々に減らす方法です。 最初は1日おきに服用し、一定期間経過後に2日おきに服用間隔を延ばし、徐々に間隔を広げていきます。 一般的に、作用時間が短い薬は離脱が難しいとされています。 そのため、作用時間の短い薬から...
用語集

漸減法

漸減法は、薬の服用量を徐々に減らしていく方法です。通常、服用量を1/4ずつ減らしていきます。減薬の間隔としては、2週間以上の期間をあけることが推奨されており、外来診療で患者の状態を確認した後に次の段階に進むことが推奨されます。 こちらも参...
用語集

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分を含有し、品質、効果、安全性が同等である医薬品です。厳格な試験を経て厚生労働大臣の承認を得ており、国の基準と法律に基づいて製造・販売されています。また、一部の製品では、服用しやす...
用語集

ベンザミド系抗精神病薬

ベンザミド系抗精神病薬は、抗精神病薬の一種で、ドーパミンD2受容体拮抗作用を有します。 作用機序 ベンザミド系抗精神病薬は、ドーパミンD2受容体に結合することで、ドーパミンの作用を遮断します。ドーパミンは、統合失調症などの精...
用語集

アセチルコリン

アセチルコリン(ACh)は、代表的な神経伝達物質であり、運動神経の神経筋接合部や交感神経および副交感神経の節前線維の終末、そして副交感神経の節後線維の終末などのシナプスで放出され、機能します。これはコリンの酢酸エステル化合物...