ADHD

発達障害知的障害

過集中とは?メリット・デメリット、特徴や対策・発達障害(ADHD)との関係性

過集中とは、時間を忘れて過度に集中する状態を指します。集中力の持続は良い側面もありますが、「食事や睡眠を犠牲にして健康を損なう」「規則や優先順位を守れず関係が悪化する」といったリスクも存在しますので、適切な対策が必要です。 高い集中力...
用語集

ADHD(注意欠如・多動症)

ADHD(注意欠如・多動症)は、年齢や発達に比べて注意力が不足し、衝動的で落ち着きがないといった特性があり、それによって日常生活に支障をきたしている状態を指します。医学的にも“注意欠如・多動症”と呼ばれます。ADHDは通常7歳よりも前から現...
精神薬

ADHD(注意欠如・多動症)の薬 | アトモキセチン(ストラテラ)について

ADHDの診断を受けた方の中にはアトモキセチンを飲まれている方も多いのではないでしょうか?筆者もアトモキセチンを7年服用しているので、個人的な所感も語っていきたいと思います。こちらも参考に:社会不適合者とは?特徴・生き方・向いている仕事につ...
用語集

ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは、主に神経伝達物質として知られる化学物質の一つです。これは、交感神経系で作られ、脳や身体中のさまざまな組織で機能します。ノルアドレナリンは、ストレスへの対応や興奮、覚醒、注意の制御など、様々な生理学的プロセスに関与していま...
用語集

前頭前野

前頭前野(PFC:Prefrontal Cortex)は、脳の大きな部分の一つであり、前頭葉(Frontal Lobe)の前方に位置する領域を指します。脳の最前部に位置し、他の脳領域と密接な関わりを持っています。前頭前野は高次の認知機能や意...
発達障害知的障害

反抗挑戦性障害(ODD : 反抗挑発症)とは?ADHDとの関係、カウンセリングと治療について

反抗挑戦性障害(反抗挑発症)は、身近な人々に対して過度に怒りっぽく、口論や挑発的な行動、執念深い行動を特徴とする疾患です。この障害は、家族や学校の先生、友達など、様々な相手に対して発症する場面・相手が多いほど、重度と診断され、注意欠如多動症...
用語集

破壊的行動障害(Disruptive Behavior Disorder, DBD)

破壊的行動障害(Disruptive Behavior Disorder, DBD)は、主に子供や思春期の個体で見られる一連の行動的な問題を指す総称的な用語です。DBDには2つの主要なサブタイプがあります。反抗挑戦性障害(Oppositio...
用語集

発達障害グレーゾーン

「発達障害グレーゾーン」は、一般的な発達に比べて個々の特性や能力が複雑で、従来の発達障害の明確な枠組みに当てはまらない状態を指す言葉です。通常、発達障害は特定の症状や特性がはっきりしており、診断が行いやすい場合がありますが、中にはその境界が...
用語集

ドーパミン

ドーパミンは、中枢神経系に存在する神経伝達物質であり、アドレナリンやノルアドレナリンの前駆体でもあります。運動の調節やホルモンの調節、快感の感情、意欲、学習などに関与しています。セロトニン、ノルアドレナリン、アドレナリン、ヒスタミンとともに...
発達障害知的障害

注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の種類・効果効能・副作用の解説

ADHDの治療薬について発達障害は生まれつきの特性であり、一生涯にわたって続くものですが、「ADHD(注意欠如多動症)」には特定の特性を軽減・改善するための薬物が存在します。一般に、精神系の薬物に対する抵抗感が強いため、「薬を利用すべきかど...