バイスティックの7原則

バイスティックの7原則とは、1957年にアメリカの社会福祉学者、フェリックス・P・バイスティックが「ケースワークの原則」で記したものです。

以下はバイスティックの7原則の項目になります。

  • 1.個別化の原則
  • 2.意図的な感情表出の原則
  • 3.統制された情緒的関与の法則
  • 4.受容の原則
  • 5.非審判的態度の原則
  • 6.自己決定の原則
  • 7.秘密保持の原則

援助者とクライエントが信頼関係を構築するための倫理と行動の原理方法が記されています。このバイスティックの7原則は、信頼関係構築の方法であり「介護の現場でも応用できる!」と、近年介護業界でも注目されるモデルとなっています。社会福祉士国家試験・介護福祉士国家試験では具体的な技法や事例として試験でも近年頻出されています。

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

こちらも参考に:炭酸リチウム(リーマス)の特徴・作用・副作用

Q
バイスティックの受容の原則とは?
A

似たような以前のケースにすぐに同じ対処法を適用するのではなく、次の原則を守るべきです。

「受容の原則」… クライエントの意見をただ単に否定せず、なぜそのような意見に至ったのかを理解することが大切です。ただし、道徳的な問題や社会の規範に違反する場合は、全てを受け入れるわけではありません。

こちらも参考に:カサンドラ症候群の理解と対処法 | 原因やなりやすい人の特徴

参考:精神保健福祉法とは?

Q
バイステックの7原則の意図的な感情表出とは?
A

自発的な感情表現の原則

クライエントが感情を自由に表現できるようにし、その表現に積極的に対応することが、援助者に求められる態度です。ネガティブな感情や高慢な感情はしばしば抑制されがちですが、これを「表現しても良い」と受け入れ、クライエントが自らの感情や内面に向き合えるようにサポートします。

参考:精神科訪問看護指示書とは?

参考:うつ状態とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました