ネグレクト

ネグレクトは、セルフケアができない弱者の世話をする責任がある保護者が責務を怠たることによって加害者となる行為。 児童虐待、障害者虐待、高齢者虐待、患者虐待のひとつ。子供に対するネグレクトは育児放棄、育児怠慢、監護放棄とも言う。また、ペットの飼育放棄に対しても指すことがある。

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

こちらも参考に:ロールシャッハテスト| 目的や歴史、診断手順、受検方法

 

 

ネグレクトのよくある質問

Q
ネグレクトされている子の特徴は?
A

ネグレクトを受けている子どもの心理的および精神的な特徴は次の通りです

  • 発達(特に言語)の遅れが見られることがあります。
  • 授業中にじっと座っていられないことがあります。
  • 突然教室や学校を飛び出してしまうことがあります。
  • 先生やクラスメートとの間で攻撃的で喧嘩が絶えないことがあります。
  • 言葉よりも先に暴力的な行動に出ることがあります。
  • 学習が進まず、適切な知識を身につけることが難しいことがあります。
  • 自信が極端に低い傾向があります。
  • 協調性がなく、友人関係を築くことが難しいことがあります。

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

参考:うつ病で現れる初期症状・行動・対策や仕事復帰を目指すときのポイント

Q
ネグレクト行為とは何ですか?
A

社会的弱者に対する保護や養育の義務を果たさず、放任する行為を指すのがネグレクトです。最近では、本人の基本的なニーズ(衛生、服装、食事など)に対しても無視することがあり、これをセルフ・ネグレクトと呼ぶこともあります。幼児、児童、高齢者、障害者などに対し、保護や世話、養育、介護を怠り、放置する行為を指します。

参考:社会的相互作用とは?

参考:虐待とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました