障害児相談支援

障害児相談支援は、主に障がいのある子どもやその家族を対象にした相談支援の一環です。このプログラムは、障がいを持つ子どもやその家族が日常生活で直面する様々な課題や悩みに対応し、適切な支援やサービスを提供することを目的としています。

障害児相談支援の具体的な内容は、障がいを持つ子どもの発達や日常生活に関する相談、特定のサービスや支援の利用方法に関するアドバイス、家族への情報提供、必要なケアや教育の計画の策定などが含まれます。また、障害児相談支援では、地域の福祉資源やサービスにアクセスする手助けも行われ、家族がより充実した生活を送るためのサポートが提供されます。

総合的なケアや支援が必要な障がいを持つ子どもやその家族にとって、障害児相談支援は重要なリソースとなり、適切な方針やプランを立てる上で役立つことが期待されています。

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

こちらも参考に:法テラスの立替制度を利用できる人の条件 | 収入や資力基準

障害児相談支援のよくある質問

Q
障害児童相談支援とは何ですか?
A

障害児相談支援は、主に障がいのある子どもとその家族を対象にした支援プログラムであり、具体的には障害児通所支援の支給が決定される前の障害児支援利用計画案の策定や、障害児通所支援の支給が決定された後におけるサービス事業者との円滑な連絡調整、そして障害児支援利用計画の構築を行います。これにより、利用者が安心して障害児通所支援を受けることができるようにサポートします。

こちらも参考に:ロールシャッハテスト| 目的や歴史、診断手順、受検方法

参考:ヤングケアラーとは?

Q
障がい児相談支援の報酬はいくらですか?
A

障害児支援利用援助では、1人あたりの月額報酬は616,835円となり、継続的な障害児相談支援においては、1人あたりの月額報酬が13,6952円となります。

参考:相談支援事業所とは?

参考:行動援護とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました