児童発達支援センター

「児童発達支援センター」は、地域の障害児支援の中心として、療育を提供したり、地域内の障害児やその家族に支援を行ったり、関係機関と連携して地域全体のサポートを行ったり、地域内の事業所に支援を提供したり、居宅訪問型の児童発達支援などの訪問サービスを提供しています。

こちらも参考に:ADHDの顔つき、行動の特徴。見た目では分からない困りごとなどなどを解説

参考:てんかんとは?

 

児童発達支援センターのよくある質問

Q
児童発達支援と児童発達支援センターの違いは何ですか?
A

児童発達支援事業所は身近な療育提供場所で、通いやすい施設ですが、児童発達支援センターは単に療育だけでなく、障害のある子供やその家族への相談支援、保育施設や障害児通所支援事業所への援助、助言などを行う地域の中核的な機関です

こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

 

Q
児童発達支援センターとデイサービスの違いは何ですか?
A

放課後等デイサービスと児童発達支援はどちらも児童福祉法に基づいて運用しており、通所で障がい児の支援を行う施設です。 サービス内容もよく似ていますが、最も大きな違いは対象となる年齢で、「児童発達支援=0歳~6歳(未就学児)、放課後等デイサービス=6歳~18歳(小学生から高校生)」という区分になっています。

参考:発達障害者支援センター

参考:社会福祉士とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました