トラウマセラピスト

トラウマセラピストは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や複雑性PTSDなど、トラウマに関連する症状の解消を目指す心理療法を提供する専門家です。具体的なトラウマセラピーには、EMDR、ソマティック・エクスペリエンシング、ブレインスポッティング、持続エクスポージャー療法などがあります。これらの手法は、過去のつらい経験に関する感情や思い出を取り扱い、トラウマからの回復を支援します。

トラウマセラピーの進行には三つの段階があり、第一段階では安全の確立、第二段階では想起と服喪追悼、第三段階では通常の生活への再結合が中心の課題となります。

トラウマとは、過去の心的外傷によって生じる心の傷であり、PTSDはその症状を指します。トラウマは治癒可能ですが、PTSDは症状が持続する状態を指し、早期の介入が重要です。

トラウマセラピストは患者に対して、様々な手法を組み合わせながら治療を行います。感情の開放や身体のアプローチを用い、過去の困難な出来事や関係性、トラウマに対処し、感情的な問題を深いレベルで癒します。

タッピング療法、エモーショナル・リ・バース・セラピー、パニックの認知行動療法など、患者に合わせた技法を使用し、安全かつ迅速にトラウマからの回復を支援します。これらの手法は、従来の治療法と比べて時間や費用の効率が向上しています。また、ポリヴェーガル理論や特定のプロトコルに基づいて進められるため、患者の安全性が確保されています。

こちらも参考に:労働審判の手続きの流れや費用・注意点。申し立てるべきケースと解決金の相場

こちらも参考に:注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の種類・効果効能・副作用の解説

トラウマセラピストのよくある質問

Q
トラウマを克服する過程は?
A

トラウマからの回復には三つの段階があります。第一段階では安全の確立が中心の課題となります。患者は治療環境での安全性を感じ、トラウマ体験との適切な距離を保つことが求められます。第二段階では想起と服喪追悼が中心の課題です。患者は過去のつらい出来事に向き合い、感情を受け入れ、悲嘆や損失のプロセスを経ていきます。第三段階では通常の生活との再結合が焦点となります。患者は新たな生活に向けての準備をし、トラウマの影響を最小限に抑えながら、より健康的でバランスの取れた生活を築いていくことが求められます。これらの段階を進むことで、トラウマからの回復が促進されます。

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

こちらも参考に:休職期間満了による退職は解雇?それとも自己都合退職?注意点も解説

Q
トラウマとPTSDの違いは?
A

トラウマとは、トラウマ体験で負った心の傷(心的外傷)です。トラウマ体験とは、戦争、事故、災害、犯罪、虐待、いじめなど、個人の力ではどうにもならないような、強い恐怖や不安、無力感を伴う出来事を指します。

トラウマとPTSDのきっかけや症状に大きな違いはありません。どちらも、トラウマ体験によって引き起こされる精神障害です。トラウマ体験を経験すると、以下のような症状が現れることがあります。

  • フラッシュバック(トラウマ体験の記憶が突然よみがえる)
  • 悪夢
  • 強い不安や恐怖
  • 集中力や記憶力の低下
  • イライラや怒り
  • 社会的な活動への回避

トラウマとPTSDの違いは、トラウマは治るが、PTSDは症状から抜け出せずに後遺症として残ってしまう点です。トラウマは、時間の経過とともに自然に回復することが多いのですが、PTSDは、症状が長期間続いたり、日常生活に支障をきたしたりする場合、治療が必要です。

自賠責保険では、PTSDは基本的に治癒する傷病と考えられています。しかし、PTSDの症状は、トラウマ体験の重さや個人の性格、周囲のサポートなどによって、大きく異なるため、必ずしも治癒するとは限りません。

こちらも参考に:過剰適応とは? 原因、対策、治し方、うつなどの症状、職場「がんばれば、何とかできる」に要注意!

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました