健康保険組合

健康保険組合は、健康保険業務を遂行する公法人です。厚生労働大臣の認可を受けた事業所で、従業員が常時700人以上いる場合や同業種で3,000人以上の従業員が集まる場合に、健康保険組合を設立することができます。

Q
協会けんぽと健康保険組合の違いは何ですか?
A

協会けんぽは、通常は中小企業が利用する健康保険で、これらの企業は独自に健康保険組合を設立していません。対照的に、健康保険組合は通常、常時700人以上の従業員を抱える大規模な企業が設立し、運営する健康保険を指します。健康保険組合は、1社だけでなく複数の企業が共同で設立・運営することも可能です。

こちらも参考に:失業保険の特定理由離職者(特定受給資格者)とは?給付日数、必要書類、診断書などを解説

参考:高福祉国家とは?

Q
健康保険組合のメリットは?
A

健康保険組合の利点

  1. 保険料率の自主設定が可能:企業は自らが運営する健康保険組合において、保険料率を自主的に設定できます。
  2. 保険料負担の軽減:健康保険組合では、従業員の保険料負担割合を折半よりも低く設定することができます。
  3. 付加給付による窓口負担の軽減:健康保険組合は付加給付を実施することで、従業員やその家族の窓口負担を軽減することができます。
  4. 疾病予防に貢献:企業は健康保険組合を通じて、人間ドックの助成や運動奨励事業など、疾病予防に関する保健事業を任意に実施することができます。

 

参考:雇用保険被保険者資格喪失届とは?

参考:労働基準法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました