治療方針

治療方針については、医師が患者や家族に対して詳細に説明する行為を指します。この言葉は、ドイツ語のMund(口)+Therapie(治療)に由来し、和製ドイツ語として使われています。インフォームド・コンセントとは異なり、医師が決定した治療方針を患者や家族に納得させるための説明を含意しています。

こちらも参考に:生活福祉資金貸付制度(総合支援資金)の審査に通過して借り入れする方法

こちらも参考に:生活保護の条件 | 受給金額と申請方法を初心者向けに解説

 

治療方針のよくある質問

Q
治療方針を決めるのは誰ですか?
A

外来患者の治療方針の決定者として、担当の医師が最も多く37.4%を占め、次いで患者本人が34.5%、家族・親族・友人が3.8%となりました。入院患者では、担当の医師が45.0%、患者本人が22.0%、家族・親族・友人が12.9%となりました。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

こちらも参考に:精神科訪問看護のサポート内容。需要や具体的な事例をご紹介!

Q
エビデンスに基づく医療とはどういう意味ですか?
A

エビデンスに基づく医療(EBM)とは、医療従事者や患者が医療に関わる意思決定を行う際に、専門家の意見や主観的経験ではなく、適切に設計され実施された研究によって示されたエビデンスを重視するアプローチです。

EBMの目的は、患者の治療や予防において、最も効果的で安全な方法を判断することです。そのためには、以下の4つのステップを踏むことが重要です。

  1. 臨床的疑問を明確にする
  2. エビデンスを収集する
  3. エビデンスを評価する
  4. エビデンスを臨床に適用する

EBMは、医療の質を向上させ、患者のQOL(生活の質)を高めることにつながると考えられています。

こちらも参考に:注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬の種類・効果効能・副作用の解説

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

コメント

タイトルとURLをコピーしました