統合失調症

統合失調症は、自分の思考や行動を適切にまとめることが困難になる疾患です。その原因は明確ではありませんが、遺伝的要因や環境要因など、さまざまな要素が複雑に関連していると考えられています。統合失調症そのものは遺伝的に伝わるわけではありませんが、統合失調症にかかりやすい体質には遺伝が関与する可能性があります。

こちらも参考に:発達障害と障害者手帳 取得できる条件や手帳の種類や申請手順について解説

こちらも参考に:炭酸リチウム(リーマス)の特徴・作用・副作用

統合失調症のよくある質問

Q
統合失調症の特徴的な症状は?
A

統合失調症には、健康な状態からの変化として、新たに現れる陽性症状と、健康な状態であったものが減少する陰性症状があります。陽性症状には、典型的なものとして幻覚と妄想が挙げられます。特に、他の人には聞こえない声が聞こえる幻聴がよく見られます。陰性症状には、意欲の低下や感情表現の減少などが含まれます。

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

参考:前頭前野とは?

Q
統合失調症の話し方の特徴は?
A

統合失調症の患者の会話の特徴は以下の通りです。

  1. 聞いたことに対して明らかに誤った解釈を行う
  2. 話に一貫性がない
  3. 会話のテンポが悪い
  4. 何もないのにニヤニヤ笑う
  5. ひどい独り言がある
  6. 目的に適していない行動を取る
  7. 情緒が不安定

 

参考:アセチルコリンとは?

参考:ノルアドレナリンとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました