地域障害者職業センター

地域障害者職業センターは、高齢者や障害者の雇用促進に関する法律に基づき、独立行政法人である高齢・障害・求職者雇用支援機構によって設置された施設です。ここは障害者の職業リハビリテーションの拠点として機能し、地域内での雇用支援や職業訓練などのサービスを提供しています。

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

参考:障害者総合支援法とは?

地域障害者職業センターについてのよくある質問

Q
地域障害者職業センターとハローワークの違いは何ですか?
A

地域障害者職業センターは、障害者が就職に向けての支援を受けられる施設であり、ハローワーク(公共職業安定所)と連携して様々なサービスを提供しています。これには、就職に関する相談や職業能力の評価、就職前のサポートから、就職後の職場適応の支援まで、障害者のニーズに応じた継続的なサービスが含まれます。利用を希望される方は、事前に電話またはFAXでご連絡いただくようお願いします。

こちらも参考に:療育手帳を活かした就職活動

参考:生活保護指定医療機関とは?

Q
地域障害者職業センターの対象者は?
A

地域障害者職業センターの利用対象は、身体障害者手帳、精神福祉保健手帳、療育手帳を持つ方、または難病の方、障害が認められる方(診断書を持つ方や障害者手帳申請中の方を含む)などです。障害者手帳の所有は地域障害者職業センターの利用の必須条件ではありませんが、就職時に利用できる多くの援助制度が障害者手帳を要求する傾向があります。

こちらも参考に:発達障害の方に向いている仕事(一般雇用・障害者雇用)|活用できる支援機関をご紹介 

参考:自立支援相談事業とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました