現実検討能力

現実検討能力(Reality Testing)は、個人が外部の現実と自分の内部の経験を適切に区別し、現実との適切な接触を維持する能力を指します。これは主に心の健康や認知機能の一環として重要です。

現実検討能力が十分である場合、個人は客観的な出来事や状況に対して適切に反応し、物事の真実や現実を正確に理解できます。この能力が低下すると、人は幻覚や妄想にとらわれやすくなり、現実との接触がぼやけたり歪んだりします。

例えば、離人感や現実感消失症の患者は、自分の経験や感覚が現実と合致しないように感じることがありますが、一般的には彼らがその状態にあることを認識しています。そのため、これは現実検討能力が損なわれていない状態であるとされます。

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

こちらも参考に:【2023年最新】サービス管理責任者(サビ管)とは?資格の取り方、仕事内容・働く場所・給与を解説

 

現実検討能力のよくある質問

Q
看護における現実検討能力とは?
A

現実検討能力は、自分の経験や思考が実際の現実に即しているかどうかを判断する力を指します。この能力が低下すると、現実と想像の区別が曖昧になり、病気に対する現実的な理解が難しくなります。病識が欠如すると、薬の服用や通院の重要性を理解できなくなり、治療の妨げとなり、再発のリスクが高まります。

こちらも参考に:精神科訪問看護(MHSW : 旧PWS)でできることは?サポート内容や具体的な事例をご紹介!

参考:前頭前野とは?

Q
精神科における現実検討とは?
A

現実検討とは、患者が自身の経験を合理的で論理的、概念的に整理しようとする能力です。自分の経験を区別し、名前をつけ、同定し、整理しようとする機能であり、その結果として自身の経験に対する意味づけが行われます。

参考:意欲障害とは?

参考:心理的虐待とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました