児童福祉司

児童福祉司とは、児童相談所に置かれる公務員です。児童相談所は、児童の権利を擁護し、その福祉を向上させるために設置された行政機関です。児童福祉司は、児童相談所の中心的な役割を担い、子どもや保護者の相談に乗り、問題解決に向けて支援を行います。

児童福祉司の主な仕事内容は、以下のとおりです。

  • 子どもや保護者からの相談に応じ、問題の把握と分析を行う
  • 関係機関と連携して、子どもや保護者への支援を行う
  • 子どもの虐待やネグレクトの防止・対応を行う
  • 子どもの権利擁護に関する啓発・普及を行う

児童福祉司になるためには、児童福祉士の資格が必要です。児童福祉士は、児童福祉の専門家として、子どもや保護者の支援を行うことができる資格です。児童福祉士の資格を取得するためには、大学や専門学校で児童福祉に関する専門知識や技術を学び、国家試験に合格する必要があります。

児童福祉司は、子どもの権利を擁護し、その福祉を向上させるために重要な役割を担っています。児童虐待やネグレクトの防止・対応、子どもの権利擁護に関する啓発・普及など、子どもの健全な成長と発達を支援するさまざまな業務を行っています。

児童福祉司の仕事は、子どもや保護者の悩みや苦しみに寄り添い、その問題を解決するために尽力することです。子どもの笑顔を守るために、日々奮闘している児童福祉司の存在は、私たちにとってかけがえのないものと言えるでしょう。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

こちらも参考に:休職期間満了による退職は解雇?それとも自己都合退職?注意点も解説

 

Q
児童福祉司とは何ですか?
A

児童福祉司は、児童相談所に所属して子どもや保護者の相談に乗り、抱えている問題の解決をサポートする仕事です。 児童相談所に寄せられた相談に乗るほか、講演会を開いたり、地域を巡回したりするケースもあります。

参考:特別支援学校とは?

参考:境界線精神遅滞とは?

Q
児童福祉司に向いている人は?
A

児童福祉司の仕事は、子どもや保護者がなんでも安心して相談できるように、相手の話をじっくり聞き、相手の立場に立って考え、事情を把握できる人に適している。 また、奉仕の精神はもちろん、心理学や社会学の知識、カウンセリングの技法などを身につけていることも必要である。

参考:ウェクスラー児童知能検査(WISC)とは?

参考:臨床心理士とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました