心理的虐待

心理的虐待は、身体的な暴力とは異なり、言葉の暴力などによって心に深い傷を負わせる行為です。被害を受けた子どもは、安心できる場所を失ったり、愛されていないと感じたり、生まれてこなければよかったという深い悲しみに苦しんだり、劣等感や無力感に悩んだり、自傷行為や破壊的な行動に走ることもあります。

こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて

こちらも参考に:反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

 

心理的虐待のよくある質問

Q
心的虐待の例は?
A

心理的虐待は、言葉や行動を通じて他者に対して精神的な苦痛を意図的に与える行為や態度です。これはしばしば、脅迫、侮辱、無視、嫌がらせなどの手段を用いて行われます。以下は、具体的な例です:

  1. 言葉の攻撃: 「バカ」「あほ」などの侮辱的な言葉や怒号を使用すること。
  2. 悪口と非難: 「使えない」「役立たず」「親の顔が見たい」「生きている価値がない」などの悪口や非難を言うこと。
  3. 脅迫: 恐れや不安を煽る言葉や態度を用い、相手を脅迫すること。
  4. 無視: 他者の存在や感情を無視し、相手を無視することで孤立感を与える。
  5. 嫌がらせ: 嫌がらせや嫌悪感を示す言動や仕草を行うこと。

 

こちらも参考に:依存症になりやすい人の特徴と原因について

参考:学習障害とは?

Q
心理的虐待を受けて育った大人の特徴は?
A

虐待を受けて育った大人の特徴には以下が挙げられます:

  1. 自己肯定感の低さ: 児童虐待を経験した大人は、自分に対する信じる力や自己価値感が低くなりがちです。
  2. 対人関係の問題: 児童期に虐待を経験すると、信頼関係の形成が難しくなり、対人関係に不安や問題が生じやすいです。
  3. 抑うつに陥りやすい: 児童虐待の影響で、抑うつ的な症状が現れやすい傾向があります。
  4. 自傷・自殺の傾向: 児童期の虐待経験は、自傷行為や自殺の傾向を高める可能性があります。
  5. 薬物やアルコールへの依存: 児童虐待を受けた大人は、ストレスへの対処手段として薬物やアルコールに依存する傾向が強くなることがあります。

これらの特徴は、児童虐待が個人の心理的・社会的な健康に与える深刻な影響を示しています。適切なサポートや心理的なケアが必要となります。

参考:精神保健指定医制度とは?

参考:医療保護入院とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました