下垂体腫瘍

下垂体腫瘍とは、脳下垂体にでる腫瘍のことです。下垂体は、脳の中心部に位置する小さな臓器で、さまざまなホルモンを分泌しています。下垂体腫瘍は、良性腫瘍と悪性腫瘍に分けられます。

良性下垂体腫瘍

良性下垂体腫瘍は、最も多くみられるタイプの下垂体腫瘍です。ほとんどの場合、生存率は高く、治療によって症状を改善することができます。

良性下垂体腫瘍は、下垂体から分泌されるホルモンの量に影響を与えます。ホルモンの分泌量が増えると、さまざまな症状が現れます。

  • 成長ホルモンの分泌量が増えると、末端肥大症(手足や顔が肥大する)などの症状が現れます。
  • 甲状腺刺激ホルモンの分泌量が増えると、甲状腺機能亢進症(心拍数や脈拍数が増加する、多汗、体重減少などの症状が現れます)などの症状が現れます。
  • 副腎皮質刺激ホルモンの分泌量が増えると、クッシング症候群(高血圧、糖尿病、月経不順、肥満などの症状が現れます)などの症状が現れます。
  • 性腺刺激ホルモンの分泌量が増えると、女性では月経不順や無月経、男性では性欲減退やインポテンツなどの症状が現れます。

悪性下垂体腫瘍

悪性下垂体腫瘍は、非常にまれなタイプの下垂体腫瘍です。生存率は低く、治療によっても完全に治癒することは難しいと考えられています。

悪性下垂体腫瘍は、周囲の組織や神経に浸潤し、脳や脊髄に損傷を与えることがあります。また、転移によって他の臓器に腫瘍が広がることもあります。

下垂体腫瘍の症状

下垂体腫瘍の症状は、腫瘍の種類や大きさ、分泌されるホルモンの量によって異なります。

  • 視力障害(両耳側半盲、視野狭窄)
  • 頭痛
  • 鼻づまり
  • 倦怠感
  • 体重減少
  • 月経不順
  • 性欲減退
  • インポテンツ

下垂体腫瘍が疑われる場合は、MRIやCTなどの検査によって診断されます。

下垂体腫瘍の治療

下垂体腫瘍の治療は、腫瘍の種類や大きさ、症状の程度によって異なります。

  • 薬物療法
    • ホルモン分泌の過剰を抑える薬剤
    • 腫瘍を小さくする薬剤
  • 手術
    • 腫瘍を摘出する手術
  • 放射線治療
    • 腫瘍を縮小させる放射線治療

下垂体腫瘍は、早期に発見・治療することで、症状の改善や予後の向上が期待できます。

こちらも参考に:失業保険の特定理由離職者(特定受給資格者)とは?給付日数、必要書類、診断書などを解説

こちらも参考に:所得があると障害年金は減額されるの?

 

下垂体腫瘍のよくある質問

Q
下垂体腫瘍の症状は?
A

下垂体腫瘍は、脳の下垂体にできる腫瘍です。下垂体は、さまざまなホルモンを分泌する重要な臓器です。下垂体腫瘍によって、下垂体から分泌されるホルモンの量が変化し、さまざまな症状が現れます。

下垂体腫瘍を疑う症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 視力障害
    • 両耳側半盲(左右の外側の視野が欠ける)
    • 視野狭窄(視野が狭くなる)
  • 頭痛
  • 身体的変化
    • 体毛の減少
    • 女性では、月経異常(月経不順、無月経、乳汁分泌の減少)
    • 男性では、性欲減退、インポテンス
    • 小児では、成長障害、性腺機能低下症

視力障害は、下垂体腫瘍が視神経を圧迫することで起こります。

頭痛は、下垂体腫瘍が大きくなって頭蓋内圧が上昇することで起こります。

身体的変化は、下垂体から分泌されるホルモンの量の変化によって起こります。

体毛の減少は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌不足によって起こります。

女性では、月経異常が現れます。これは、卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)の分泌不足によって起こります。FSHは卵胞の発育を促し、LHは排卵を促します。FSHやLHの分泌不足によって、卵胞の発育や排卵がうまくいかなくなり、月経異常が現れます。

男性では、性欲減退やインポテンスが現れます。これは、性腺刺激ホルモン(FSH、LH)の分泌不足によって起こります。FSHは精巣の発育を促し、LHはテストステロンの分泌を促します。FSHやLHの分泌不足によって、精巣の発育やテストステロンの分泌がうまくいかなくなり、性欲減退やインポテンスなどの症状が現れます。

小児では、成長障害、性腺機能低下症が現れます。これは、成長ホルモン(GH)や性腺刺激ホルモン(FSH、LH)の分泌不足によって起こります。GHは成長を促し、FSHとLHは性腺の発育や機能に必要なホルモンです。GHやFSH、LHの分泌不足によって、成長が遅れたり、性腺の発育や機能が低下したりするなどの症状が現れます。

下垂体腫瘍が疑われる場合は、早めに医療機関を受診して診察を受けるようにしましょう。

こちらも参考に:精神科訪問看護(MHSW : 旧PWS)でできることは?サポート内容や具体的な事例をご紹介!

参考:プロラクチンとは?

Q
下垂体腫瘍が悪性である確率は?
A

真の悪性下垂体腺腫は非常にまれです

下垂体腺腫は、脳下垂体にできる腫瘍です。そのうち、真の悪性下垂体腺腫は、わずか0.2%(1000例に2例)程度しかありません。

真の悪性下垂体腺腫は、周囲の組織や神経に浸潤し、脳や脊髄に損傷を与えることがあります。また、転移によって他の臓器に腫瘍が広がることもあります。

参考:第1選択薬とは?

参考:コルチゾールとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました