第1選択薬

第一選択薬とは、ある疾患に対して最初に試みるべき治療薬のことであり、ファーストラインやファーストチョイスとも呼ばれます。第一選択薬は、副作用が少なく、かつ一定の有効性が期待される薬が選択されます。治療の初期段階で、この薬が投与されます。しかし、第一選択薬の投与にもかかわらず症状の改善が見られない場合は、副作用の少なさよりも効果を重視した第二選択薬が検討されます。

参考:中枢神経非刺激薬とは?

参考:治療方針とは?

第1選択薬のよくある質問

Q
第一次選択薬とは何ですか?
A

治療薬において、ある疾患に初めて投与されるべき薬剤を第一次選択薬と呼びます。これに対し、第一次選択薬の使用で効果が見られなかった場合にのみ考慮されるべき薬剤を第二次選択薬といいます。現在、世界的には薬剤耐性菌による感染症が増加しており、これは重要な問題となっています。

こちらも参考に:【2023年最新】精神保健福祉士(MHSW : 旧PWS)とは? | 国家試験・難易度・年収、やりがいについて解説

こちらも参考に:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

Q
医薬品の第1類、第二類、第三類の違いは何ですか?
A

第1類医薬品は、その安全性に特に注意が必要であり、薬剤師の指導がないと購入が認められない薬品です。第2類医薬品には風邪薬、解熱鎮痛薬、漢方薬などが含まれ、第3類医薬品にはビタミンB・C含有の保健薬や整腸剤などが該当します。

こちらも参考に:反復性うつ病性障害/反復性短期抑うつ障害の診断基準症状・治療について

参考:再発率とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました