IQ

IQは「知能指数」(Intelligence Quotient)の略で、知的な能力を測るための指数です。IQテストは、さまざまな認知スキルや論理的思考、言語理解、空間的な能力などを測定して総合的な知能を評価します。

一般的に、IQスコアは100を平均とし、標準偏差15を基準に算出されます。したがって、平均的な知能を持つ人のIQは100で、それより高いか低いかが評価されます。IQが70未満の場合、知的障害がある可能性が高くなります。

一方で、IQが70以上85未満の範囲は境界知能とされ、平均から外れた知的特性を示す「グレーゾーン」とされます。

こちらも参考に:放課後デイサービス(放デイ)とは? 利用条件や支援内容をわかりやすく解説

こちらも参考に:「精神保健指定医」とは?役割と資格取得、やりがいについて解説

 

IQのよくある質問

Q
IQ 135ってどのくらい?
A

一般的には、IQの基準値は100であり、平均値は90から100の範囲に位置します。110から130のIQは一般的に優れた知能と見なされ、130を超えると「非常に高い知能」と評価されることがあります。IQが130以上になると、その数値は珍しいものとされます。

こちらも参考に:メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて

Q
東大生のIQの平均は?
A

東京大学は偏差値が70以上とされ、日本屈指の大学とされています。一方で、東京大学の学生のIQ(知能指数)は約120程度と言われています。IQ120以上の個人は100人のうち上位の15%程度に位置し、東大生のIQが平均的に上位にあることが示唆されます。

参考:障害者総合支援法とは?

参考:合理的配慮とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました