遷延性

「遷延性」は、時間的な延長や持続を指します。これは、ある状態や症状が通常よりも長く続いていることを示します。例えば、「遷延性のうつ病」は通常、症状が数週間以上続く場合に使用され、持続的なうつ病の特徴を表現します。同様に、「遷延性の疼痛」は、慢性的な持続的な痛みを指すことがあります。

こちらも参考に:発達年齢が平均的な子の7~8割の「境界知能」とは?支援や大人の特徴も紹介
こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

 

遷延性のよくある質問

Q
遷延性植物状態とはどういう状態ですか?
A

遷延性意識障害の植物状態は、生命維持に必要な脳幹部分が不完全ながらも生きているため、脳の広範囲な活動が制限されたままで命は保たれています。脳死との違いは、脳死が心拍や呼吸が停止して不可逆的な死に至るのに対し、遷延性意識障害は、リハビリには長期間がかかりますが、回復の可能性が残されています。どの程度まで回復するかは不確定ですが、生命維持が続けられる中で患者の状態が改善する可能性があります。

こちらも参考に:メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

参考:障害等級とは?

Q
遷延性症状とは?
A

遷延性意識障害は以下の症状が見られます:

  • 自力での移動が不可能。
  • 自力での摂食ができない。
  • 屎尿失禁の状態。
  • 発語しても意味のある発言ができない。
  • 簡単な命令にかろうじて応じることがあるが、それ以上の意思疎通はできない。
  • 眼球はかろうじて物を追うことはあるものの、認識はできない。

参考:抽象的思考能力とは?

参考:境界線精神遅滞とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました