精神科訪問事業所

精神科訪問看護の目的は、利用者だけでなく家族も含めてコミュニケーションを取りながら、家族の負担を軽減することです。利用者が家族と同居していない場合でも、必要に応じて家族と連携し、利用者をサポートする環境を整えます。

こちらも参考に:「精神保健指定医」とは?役割と資格取得、やりがいについて解説

参考:個別支援計画(ISP)とは?

精神科訪問事業所 用語集

用語説明
精神科訪問看護精神科医の指示を受け、精神障害を持つ利用者とその家族を自宅や生活の場において訪問し、療養生活の支援を行う看護サービス
利用者精神科訪問看護のサービスを受ける人
家族利用者と同居している家族だけでなく、必要に応じて離れて暮らす家族も含む
包括的支援医療、福祉、介護など、利用者が必要な支援を総合的に提供すること
個別支援計画利用者個々のニーズに合わせた支援計画
主治医利用者の治療を担当する医師
ケアマネージャー利用者の支援をコーディネートする専門職
精神保健福祉センター精神障害に関する相談や支援を行う施設

精神科訪問事業所の役割

  • 利用者の症状の観察と管理
  • 服薬指導
  • 生活指導
  • 社会復帰支援
  • 家族への相談支援
  • 主治医や他の医療・福祉サービスとの連携

精神科訪問事業所のメリット

  • 自宅で療養しながら必要な支援を受けられる
  • 家族の負担を軽減できる
  • 社会復帰をサポートする

精神科訪問事業所のデメリット

  • 医療機関に通院するよりも費用が高くなる場合がある
  • 利用者との信頼関係を築くまでに時間がかかる

精神科訪問事業所の利用方法

  • 主治医に相談する
  • 精神保健福祉センターに相談する
  • 精神科訪問事業所に直接問い合わせる

精神科訪問看護に関する情報

精神科訪問看護の対象となる疾患

  • 統合失調症
  • うつ病
  • 双極性障害
  • 認知症
  • 発達障害
  • その他の精神障害

精神科訪問看護の費用

  • 精神科訪問看護の費用は、利用者の症状や必要な支援内容によって異なります。
  • 1回の訪問あたり、約4,000円~6,000円程度が目安です。
  • 介護保険や医療保険が適用される場合もあります。

精神科訪問看護の利用に関する相談

  • 精神科訪問看護を利用したい場合は、主治医や精神保健福祉センターに相談してください。
  • 精神科訪問事業所によっては、無料相談を実施しているところもあります。

精神科訪問看護に関するその他

  • 精神科訪問看護は、利用者にとって重要な支援サービスです。
  • 精神科訪問看護を利用することで、自宅で療養しながら社会復帰を目指すことができます。
  • 精神科訪問看護について、わからないことがあれば、お気軽に相談してください。

精神科訪問事業に関してのよくある質問

Q
精神科訪問看護はどんな病名の方が多いのですか?
A

多い病名を以下に書かせていただきます。

・統合失調症

統合失調症は、陽性症状と陰性症状が出る時期に別れています。精神疾患の一つであり、現実感覚を失ったり、思考や感情の混乱、社会的機能の障害などが特徴的な状態です。

 

・うつ病

うつ病は、気分の持続的な低下や興味や喜びの喪失、活動の低下などの症状が見られる精神障害です。

 

・双極性障害

双極性障害は、気分の異常な変動が特徴的な精神疾患であり、うつ状態と躁状態という極端な気分の変動が周期的に現れる状態です。

 

・アルコール依存症

アルコール依存症は、アルコール摂取に対する強迫的な欲求や制御不能な飲酒、身体的または精神的な依存状態が特徴的な状態です。

 

・薬物依存症

薬物依存症は、薬物の常用または乱用によって身体的または精神的な依存状態が生じる状態です。

 

などがよく精神科訪問看護を利用する患者さんです。

 

参考:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

参考:オランザピン(ジプレキサ)の効果と副作用

Q
精神科訪問看護のデメリットは?
A

看護師側のデメリットになりますが、医療技術面を学ぶ機会が少ないことがあげられます。他の科に比べると患者様との対話が中心で医療行為が少ないので、医療技術の実践や最新医療技術のアップデートの機会が少なく、スキルアップができないと悩む看護師さんもいます。

精神科の看護師は特殊ですので、転職で不利になるといった部分もあげられます。

こちらも参考に:発達障害は遺伝する?原因は?兄弟間・親子間の確率など

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

コメント

タイトルとURLをコピーしました