• 用語集
  • 地域若者サポートステーション(サポステ)

地域若者サポートステーション(サポステ)

地域若者サポートステーション(サポステ)とは、働くことに悩みを抱えている15歳から49歳までの若年無業者を対象に、就労に向けた支援を行う機関です。厚生労働省が委託した民間団体などが運営しており、全国の都道府県に設置されています。

サポステの主な支援内容は、以下のとおりです。

  • 就職相談・支援
    • 就職活動の計画・準備
    • 求人情報の提供・紹介
    • 履歴書・職務経歴書の作成支援
    • 面接練習
  • 職業訓練・職場体験
  • 就職後のアフターフォロー

サポステは、無料で利用することができます。

サポステの利用対象者は、以下のとおりです。

  • 15歳から49歳までの若年無業者
  • 居住地がサポステの設置地域内

サポステは、働くことに悩みを抱えている若年無業者にとって、就職に向けた第一歩となる重要な機関です。

こちらも参考に:発達障害と障害者手帳 取得できる条件や手帳の種類や申請手順について解説

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

地域若者サポートステーション(サポステ)のよくある質問

Q
若者サポートステーションで何をするのでしょうか?
A

何から始めればいいか分からない方への提案です…

  • コミュニケーションスキルの向上
  • 電話応対や敬語などのビジネスマナーの習得
  • パソコン操作、ワードやエクセルの使用、書類作成
  • ボイストレーニング
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成
  • 面接の練習
  • 職場体験
  • 宿泊研修

これらのステップで、スキルや経験を積むことができます。

こちらも参考に:炭酸リチウム(リーマス)の特徴・作用・副作用

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

Q
地域若者サポートステーションとハローワークの違いは何ですか?
A

ハローワークやジョブカフェとの違いは何でしょうか? サポステは、具体的な就職先を見つける前の段階でサポートします。将来の希望や進路、あなたの適性、チャレンジするエネルギーなど、これからの必要な多くの要素を理解し、習得するのがサポステの役割です。ハローワークは、具体的な就職先を斡旋する機関となります。

参考:障害者活躍推進プランとは?

参考:自閉症スペクトラム障害(ASD)の特性とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました