• 用語集
  • 地域若者サポートステーション(サポステ)

地域若者サポートステーション(サポステ)

地域若者サポートステーション(サポステ)とは、働くことに悩みを抱えている15歳から49歳までの若年無業者を対象に、就労に向けた支援を行う機関です。厚生労働省が委託した民間団体などが運営しており、全国の都道府県に設置されています。

サポステの主な支援内容は、以下のとおりです。

  • 就職相談・支援
    • 就職活動の計画・準備
    • 求人情報の提供・紹介
    • 履歴書・職務経歴書の作成支援
    • 面接練習
  • 職業訓練・職場体験
  • 就職後のアフターフォロー

サポステは、無料で利用することができます。

サポステの利用対象者は、以下のとおりです。

  • 15歳から49歳までの若年無業者
  • 居住地がサポステの設置地域内

サポステは、働くことに悩みを抱えている若年無業者にとって、就職に向けた第一歩となる重要な機関です。

こちらも参考に:発達障害と障害者手帳 取得できる条件や手帳の種類や申請手順について解説

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証について【障害福祉サービス】種類、申請から利用までの流れ

地域若者サポートステーション(サポステ)の概要

地域若者サポートステーション(サポステ)とは

地域若者サポートステーション(サポステ)は、厚生労働省が委託した民間団体などが運営する、働くことに悩みを抱えている15歳から49歳までの若年無業者を対象とした就労支援機関です。

全国の都道府県に設置されており、無料で利用することができます。

サポステの役割

サポステは、若年無業者が自立した生活を営むために必要な就労支援を行います。

具体的には、以下の支援内容があります。

  • 就職相談・支援
  • 就職活動の計画・準備
  • 求人情報の提供・紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成支援
  • 面接練習
  • 職業訓練・職場体験
  • 就職後のアフターフォロー

サポステの利用対象者

サポステの利用対象者は、以下のとおりです。

  • 15歳から49歳までの若年無業者
  • 居住地がサポステの設置地域内

サポステの利用方法

サポステを利用するには、サポステに直接来所するか、電話またはメール予約する必要があります。

来所する際は、身分証明書が必要です

サポステの利用の流れ

サポステを利用する際の流れは、以下のとおりです。

  1. 予約
  2. 面接
  3. 個別支援計画の作成
  4. 支援の実施
  5. フォローアップ

サポステのメリット

サポステを利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 無料で利用できる
  • 経験豊富なスタッフによる個別支援を受けられる
  • 自分のペースで支援を受けられる
  • 様々な就労支援プログラムに参加できる
  • 就職後のアフターフォローも受けられる

 

支援メニューの具体例

  • 個別相談: 経験豊富なキャリアコンサルタントが、個々の状況や悩みに合わせて、就職活動に関する相談を受けます。
  • 職業適性検査: 適性検査の結果に基づき、自分に合った仕事を見つけるためのアドバイスを受けられます。
  • 就職活動計画の作成: 目標設定やスケジュール管理など、就職活動計画の作成を支援します。
  • 求人情報の提供・紹介: 希望に合った求人情報を提供し、応募をサポートします。
  • 履歴書・職務経歴書の添削: 履歴書や職務経歴書の書き方や内容についてアドバイスを受けられます。
  • 面接練習: 面接の受け方やマナーについて指導を受け、本番に備えることができます。
  • コミュニケーション・ビジネスマナー研修: 社会人として必要なコミュニケーションスキルやビジネスマナーを習得できます。
  • パソコンスキル研修: Word、Excelなどの基本的なパソコンスキルを習得できます。
  • 職場体験: 実際に企業で働いてみることで、仕事内容や職場環境を体験できます。
  • 生活訓練: 自立した生活に必要なスキルを習得できます。
  • 就職後のフォローアップ: 就職後も、不安なことや悩みがあれば相談できます。

サポステ利用の流れ(詳細版)

  1. 予約: 電話、メール、または来所にて予約が必要です。
  2. 初回面接: 現在の状況や困っていることを詳しく聞き取ります。
  3. 個別支援計画の作成: 利用者の目標や希望に合わせて、個別支援計画を作成します。
  4. 個別支援の実施: 個別支援計画に基づき、様々な支援を提供します。
  5. 定期面談: 定期的に面談を行い、支援の進捗状況を確認します。
  6. 就職決定: 希望に合った仕事に就職が決まれば、支援は終了となります。
  7. 就職後のフォローアップ: 就職後も、不安なことや悩みがあれば相談できます。

サポステ利用の際の持ち物

  • 本人確認書類(免許証、健康保険証など)
  • 職務経歴書(ある場合)
  • 筆記用具

サポステのよくある質問

Q. 若者サポートステーションで何をするのでしょうか?

A. サポステでは、個々の状況やニーズに合わせて、様々な支援を提供しています。

具体的には、以下のような支援を受けることができます。

  • 就職活動の計画・準備
  • 求人情報の提供・紹介
  • 履歴書・職務経歴書の作成支援
  • 面接練習
  • コミュニケーションスキルの向上
  • ビジネスマナーの習得
  • パソコン操作の習得
  • 職場体験
  • 宿泊研修

Q. 地域若者サポートステーションとハローワークの違いは何ですか?

A. ハローワークも、就職活動の支援を行う機関ですが、サポステとは以下の点が異なります。

  • サポステは、就職活動の計画・準備段階から支援を行う
  • サポステは、個々の状況やニーズに合わせた個別支援を行う
  • サポステは、就職後のアフターフォローも行う

Q. サポステを利用するには、どのような準備が必要ですか?

A. サポステを利用するには、身分証明書が必要です。

また、面接を受ける際に、これまでの就職活動の状況などを整理しておくとスムーズです。

サポステに関する情報

サポステに関する情報は、以下のウェブサイトなどで確認できます。

その他

サポステは、働くことに悩みを抱えている若年無業者にとって、頼りになる存在です。

サポステの支援を積極的に活用することで、就職活動の成功を目指しましょう。

地域若者サポートステーション(サポステ)のよくある質問

Q
若者サポートステーションで何をするのでしょうか?
A

何から始めればいいか分からない方への提案です…

  • コミュニケーションスキルの向上
  • 電話応対や敬語などのビジネスマナーの習得
  • パソコン操作、ワードやエクセルの使用、書類作成
  • ボイストレーニング
  • 履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成
  • 面接の練習
  • 職場体験
  • 宿泊研修

これらのステップで、スキルや経験を積むことができます。

こちらも参考に:炭酸リチウム(リーマス)の特徴・作用・副作用

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

Q
地域若者サポートステーションとハローワークの違いは何ですか?
A

ハローワークやジョブカフェとの違いは何でしょうか? サポステは、具体的な就職先を見つける前の段階でサポートします。将来の希望や進路、あなたの適性、チャレンジするエネルギーなど、これからの必要な多くの要素を理解し、習得するのがサポステの役割です。ハローワークは、具体的な就職先を斡旋する機関となります。

参考:障害者活躍推進プランとは?

参考:自閉症スペクトラム障害(ASD)の特性とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました