• 用語集
  • 障害者就業・生活支援センター

障害者就業・生活支援センター

障害者就業・生活支援センターとは、障害者の職業生活における自立を図るため、雇用、保健、福祉、教育等の関係機関との連携の下、障害者の身近な地域において就業面及び生活面における一体的な支援を行い、障害者の雇用の促進及び安定を図ることを目的として、全国に設置されています。

障害者就業・生活支援センターの具体的な支援内容は、以下のとおりです。

  • 就業面の支援
    • 就職前の相談・支援
    • 職業訓練・職場実習のあっせん
    • 就職後の定着支援
  • 生活面の支援
    • 就労に必要な生活スキルの習得支援
    • 日常生活の支援
    • 障害に関する情報提供・相談

障害者就業・生活支援センターは、障害のある方が一般企業で活躍できるよう、就職に必要なスキルの習得や就職活動のサポート、就職後の定着支援を行っています。

障害者就業・生活支援センターの利用対象者は、以下のとおりです。

  • 障害者基本法第2条第1項に規定する障害者(65歳未満)
  • 障害者就業・生活支援センターの設置地域に居住する者

障害者就業・生活支援センターは、障害のある方が地域の中で自立して生活できるよう、重要な役割を果たしています。

こちらも参考に:社会不適合者とは?特徴・生き方・向いている仕事について

こちらも参考に:就労継続支援A型とは?仕事内容と平均給料 | 利用までの流れ、B型との違いなど解説

障害者就業・生活支援センターのよくある質問

Q
障害者就業・生活支援センターの役割は?
A

障害者就業・生活支援センターは、障害者が職業生活で自立できるように、雇用、保健、福祉、教育などの関連機関と協力しながら、障害者の身近な地域で一体的な就業と生活のサポートを提供し、障害者の雇用を促進し、安定させることを目的として、全国に設置されています。

こちらも参考に:【2023年最新】サービス管理責任者(サビ管)とは?資格の取り方、仕事内容・働く場所・給与を解説

参考:障害者雇用促進法とは?

Q
障害者就業生活支援センターとハローワークの違いは何ですか?
A

ハローワーク(公共職業安定所)の主な役割は求人の紹介です。また、必要があれば就職相談を受け、職業訓練などのサービスも提供されます。対照的に、障害者就業・生活支援センターは求人の紹介は行わず、また職業訓練の通所先でもありません。仕事の選択が決まっている場合でも、ハローワークで相談を受けることができます。

参考:法定基準未達成とは?

参考:発達障害グレーゾーンとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました