自己免疫疾患

自己免疫疾患は、免疫機構が身体自身の組織や細胞を攻撃する病気です。通常、免疫系は細菌やウイルスなどの異物を攻撃しますが、自己免疫疾患ではこの機能が誤って自分自身の組織や細胞に向けられます。その結果、正常な組織や細胞に対する過剰な攻撃が起こり、疾患が発症します。

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

こちらも参考に:大人の発達障害【ASD女性の特徴】女性特有の事例と対策6選

 

自己免疫疾患のよくある質問

Q
自己免疫疾患の代表的な疾患は?
A

自己免疫疾患と呼ばれる病気には、関節リウマチ(RA)、全身性エリテマトーデス(SLE)、多発性筋炎/皮膚筋炎、全身性硬化症(強皮症)、多発性動脈炎などの膠原病、慢性甲状腺炎(橋本氏病)、重症筋無力症、自己免疫性肝炎/膵炎などが含まれます。

こちらも参考に:特別児童扶養手当について

参考:高次脳機能障害とは?

Q
自己免疫疾患は治せますか?
A

自己免疫疾患には多くの病気がありますが、特効薬として確立された治療薬はまだ存在しません。このため、治療では主に病気を発症している臓器の炎症を抑えるために、ステロイド薬や免疫抑制薬を使用した免疫抑制療法が行われます。

参考:特定求職者とは?

参考:抗てんかん薬とは?

タイトルとURLをコピーしました