生活支援員

生活支援員は、障害者施設や就労施設などで、障害者の日常生活における自立支援を担当する専門職です。主な役割は、食事・入浴・排泄などの身体介護や、調理・掃除・洗濯などの家事支援、そして金銭管理などの直接的な支援です。施設によっては、利用者が自立して生活するための就労支援も行うことがあります。

こちらも参考に:就労移行支援とは

参考:ジョブコーチとは?

生活支援員のよくある質問

Q
生活支援員とはどんな仕事?
A

生活支援員の仕事は、障害のある方の日常生活を支える仕事です。

具体的には、以下の業務を行います。

  • 身体的な介助(食事、入浴、排泄、移動など)
  • 相談業務
  • 関係各所や家族との連携・調整
  • 事務手続きの手伝い
  • マネジメント業務

 

未経験や無資格でも働くことができますが、将来性の高い仕事です。

こちらも参考に:メンタルケアの新手法、オープンダイアローグとは?役割や7つの原則

参考:職業準備性ピラミッド

Q
生活支援員の月収はいくらですか?
A

生活支援員の平均年収は約340万円で、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。月給に換算すると28万円、初任給は19万円程度が相場です。アルバイト・パートや派遣社員では、平均時給がそれぞれ1,076円、1,261円となっています。

こちらも参考に:雇用保険の失業手当(失業保険)の受給条件。計算方法・受給期間・金額など

こちらも参考に:障害福祉サービス受給者証

コメント

タイトルとURLをコピーしました