内田クレペリン精神検査

内田クレペリン精神検査(Uchida-Kraepelin Psychodiagnostic Test)は、日本で開発された精神検査であり、主に精神疾患の診断や症状の評価に使用されます。この検査は、被験者にさまざまな課題や質問を提示し、その反応を通じて心理的な特性や問題を評価します。

以下は、内田クレペリン精神検査の特徴や概要です:

  1. 起源と開発: 内田クレペリン精神検査は、日本の心理学者である内田洋行(Uchida, Hirokô)によって開発されました。彼は、精神病理学的な特性を評価するための新しい検査法を模索していました。
  2. 目的: この検査は、主に精神疾患や心理的な問題を評価し、診断するために使用されます。被験者が特定の課題や質問に対してどのように反応するかを観察し、その情報から心理的な状態を理解しようとします。
  3. 検査の形式: 内田クレペリン精神検査は、さまざまな種類の課題や質問から成り立っています。これには言語的なものから非言語的なものまで、被験者の感覚や知覚、認識、思考などに関連するさまざまな側面が含まれます。
  4. 診断への応用: 検査結果は、精神疾患や心理的な問題の診断に利用されます。特に、統合失調症やうつ病などの症状の程度や特性を理解するのに役立ちます。
  5. 日本国内での使用: 内田クレペリン精神検査は、主に日本国内で使用されています。そのため、他の国や文化においてはあまり一般的ではありません。

内田クレペリン精神検査は、様々な心理的な特性を包括的に評価することを目的としており、その特定の課題や質問は診断のための情報を提供します。ただし、使用される際には被験者の文化的背景や言語の理解に十分な注意が払われるべきです。

こちらも参考に:求職者支援資金融資はどんな制度?誰が対象でいくら借りられるの?

参考:ディスクレンパシーとは?

内田クレペリン精神検査のよくある質問

Q
内田クレペリン精神検査で何がわかる?
A

内田クレペリン検査で分かることは、「能力面の特徴」と「性格・行動面の特徴」の2つに大別されます。この検査を実施することで、受験者の仕事における「働きぶり」を判定することが可能です。内田クレペリン検査は、主に個々の能力や性格、行動に焦点を当て、これらの要素から受験者の職場での適性や特徴を明らかにすることを目的としています。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

こちらも参考に:WAIS-IV大人の知能検査とは?検査の内容や検査を受けられる場所について

Q
クレペリンの落ちる基準は?
A

クレペリン検査には厳密な合格ラインが設定されていないものの、一般的な基準としては問題の半分以上を解答することが望ましいとされています。そのため、計算が苦手で回答数が少ない場合、不合格とみなされることもあります。クレペリン検査では、多くの問題に制限時間が設けられており、受験者の計算力や解答スピードも重要とされています。

参考:職業準備性ピラミッドとは?

参考:最低賃金額とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました