世界保健機関(WHO)

国際連合の専門機関である世界保健機関(WHO)は、人間の健康を基本的な人権と位置付け、その達成を目的として1948年に設立されました。本部はスイス・ジュネーヴにあり、設立日である4月7日は世界保健デーとして親しまれています。

こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

 

世界保健機関(WHO)のよくある質問

Q
WHOに日本が加盟したのはいつですか?
A

世界保健機関(WHO)は、1948年4月7日に設立された国際連合の専門機関であり、人間の健康を基本的人権として位置づけ、その達成を目的としています。第二次世界大戦後、新たな健康に関する国際機関の設立が提唱され、1946年7月22日に国連経済社会理事会がWHOの憲章を採択しました。これにより、国際連盟保健機関や国際公衆衛生事務局が解散し、1948年4月7日にWHOが正式に発足しました。日本は1951年5月に国際連合に先立ち、WHOに加盟しました。

こちらも参考に:令和5年度「障害者雇用納付金制度」とは?雇用調整金や助成金の種類

参考:障害者就業・生活支援センターとは?

Q
世界保健機関(WHO)憲章とは何ですか?
A

全ての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目指すため、国際連合の専門機関である世界保健機関(World Health Organization:WHO)は、1948年に設立されました。WHO憲章は、この機関の目的や任務などが詳細に規定された文書です。

参考:精神医療審査会とは?

参考:精神保健指定医制度とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました