ニューロン

ニューロン(neuron)は、生物の脳を構成する神経細胞を指します。この神経細胞は、核が存在する細胞体、樹状突起と呼ばれる入力部分、シナプスと呼ばれる出力部分、そして軸索と呼ばれる伝送路から構成されています。人間の脳では、これらの神経細胞が約100億から1000億個存在していると言われています。

こちらも参考に:発達年齢が平均的な子の7~8割の「境界知能」とは?支援や大人の特徴も紹介

こちらも参考に:「精神保健指定医」とは?役割と資格取得、やりがいについて解説

 

ニューロンのよくある質問

Q
ニューロンの役割は?
A

ニューロンは、脳内で情報を受け取り、次の細胞や器官へ情報を伝達する役割を果たしています。ニューロンの入力部分は樹状突起(じゅじょうとっき)、出力部分はシナプスと呼ばれ、情報を伝達する部分は軸索(じくさく)と呼ばれます。また、周囲が太くなっている部分は髄鞘(ずいしょう)と呼ばれ、信号伝達の速度が速い領域です。

こちらも参考に:スルピリド(ドグマチール,ミラドール,アビリット)の効果と副作用

参考:アセチルコリンとは?

Q
ニューロンは何からできていますか?
A

ニューロンは、細胞体・軸索・樹状突起から成り立っています。細胞体には中心に核があり、細胞の活動に必要なタンパク質などが合成されます。軸索は細胞体から伸びた突起状の構造であり、次のニューロンや効果器に信号を送ります。

参考:前頭前野とは?

参考:肝薬物代謝酵素とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました