きょうだい児

「きょうだい児」とは、障がいを持つ兄妹がいる子どもたちを指します。この言葉は、特に障がいを持つ兄弟姉妹に焦点を当て、その状況や経験に着目しています。きょうだい児は、家庭内での関係や感情、ケアの負担などにおいて、他の一般の子どもたちとは異なる経験をすることがあります。支援や理解が必要な場合、きょうだい児とその家族に対するサポートが提供されることがあります。

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

こちらも参考に:精神科訪問看護(MHSW : 旧PWS)でできることは?サポート内容や具体的な事例をご紹介!

きょうだい児のよくある質問

Q
きょうだい児の問題点は何ですか?
A

きょうだい児の親は、障がいを抱えた兄弟姉妹の世話に多くの時間を費やすことがあります。このため、きょうだい児は友人との交流や習い事など、さまざまな経験をする機会が制限されがちです。また、障がいによっては行動が制約され、遠出が難しかったり、行けない場所があったりすることもあります。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

参考:家族療法とは?

Q
発達障害の兄弟がいる確率は?
A

発達障害が兄弟姉妹に遺伝する確率は、関係性によって異なります。例えば、一卵性双生児の場合、1人の兄弟姉妹が発達障害を持つと、もう1人も約70%の高い確率で遺伝する可能性があるという調査結果があります。一方で、他の兄弟姉妹の場合、遺伝する確率は約20%程度と言われています。

参考:自閉症スペクトラム障害(ASD)の特性とは?

参考:バイスティックの7原則とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました