法定基準未達成

障害者雇用の法定基準未達成とは、障害者雇用促進法において定められた法定雇用率(障害者の雇用割合)を企業が達成していない状態を指します。日本の障害者雇用促進法においては、民間企業に対して法定雇用率が2.3%とされています。

基本的に、障害者雇用促進法の対象となる事業主(雇用者)は、法定雇用率を満たすように障害者を雇用する責任があります。具体的には、43.5人以上の従業員を雇用している企業は、法定雇用率を満たすために障害者を一定数以上雇用しなければなりません。

もしも企業が法定雇用率を満たしておらず、これに対する法的な要件を満たしていない場合、その企業は法定基準未達成と見なされます。この場合、企業は障害者雇用納付金を支払うことが求められることがあります。障害者雇用納付金は、法定雇用率を満たしていない代わりに支払われる金額で、これを通じて障害者の雇用促進活動が支援されます。

こちらも参考に:精神障害者手帳3級取得のメリット | 割引や控除割引や支援を紹介

こちらも参考に:うつ病で現れる初期症状・行動・対策や仕事復帰を目指すときのポイント

法定基準未達成のよくある質問

Q
障害者雇用率の未達企業はどのくらいありますか?
A

2023年4月時点での企業における法定雇用率は2.3%となっています。厚生労働省が発表した「令和4年障害者雇用状況の集計結果」によると、法定雇用率未達成の企業数は55,684社と報告されています。法定雇用率を満たせない企業は、障がい者雇用納付金の支払いやハローワークからの行政指導を受ける必要があります。

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

参考:易刺激性(いきしげきせい)とは?

Q
法定雇用率を守らない企業はどうなるのか?
A

もし、企業が法定雇用率を達成できなかった場合には、不足1人につき月額5万円の納付金を国に収める必要があります。 これらの規定を守らない企業に対しては行政指導や勧告が行われ、勧告を受け入れない企業に対しては企業名を厚生労働省のホームページ上に公表する措置が取られます

参考:障害福祉課とは?

参考:環境調整とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました