障害福祉課

障害のある個人が日常生活や社会生活で自立できるよう、障害福祉サービスの利用計画の策定や地域社会への移行・定着の支援、住居の入居サポート、成年後見制度の利用支援など、障害のある人が必要とする様々な相談を行います。

こちらも参考に:双極性障害(躁うつ病)の方への接し方で大切な事と悩んだ際の対処法

参考:就労継続支援A型とは?仕事内容と平均給料 | 利用までの流れ、B型との違いなど解説

障害福祉課のよくある質問

Q
障害福祉課 何をする?
A

障害福祉係では、身体的、知的、精神的な障がいを抱える方や難病患者に対して、相談や訪問、手帳の受付、支援費の利用申請から審査・決定、さらに様々なサービスや手当の支給に関わる業務を中心に担当しています。

参考に:スクールカウンセラーとは?

こちらも参考に:国民健康保険料の免除について

Q
福祉課にはどんな種類がありますか?
A

福祉課は福祉班に分かれ、主にケースワーカー、医事係、福祉係、入所者自治会の事務といった部門に大別されます。福祉課の主な役割として、入所者への相談対応、園内外来治療の送迎、事務代行業務、作業援助、各種入所者行事の計画・設営、そして園内環境整備などが中心の業務となっています。

参考:生活困窮者自立支援制度とは?

参考:生活保護指定医療機関とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました