• 用語集
  • 易刺激性(いきしげきせい)

易刺激性(いきしげきせい)

「易刺激性(いきしげきせい)」は、人が外部からの刺激に対して過敏で、物事に対して過度に反応しやすい性格や傾向を指します。これは感情や神経系の特性に関連する言葉であり、環境の変化や外部からの刺激に対して敏感で、ストレスや不安を感じやすい状態を表しています。易刺激性が高い人は、些細なことでもイライラしやすく、ストレスによって身体的・精神的な不調を経験しやすい傾向があります。

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

易刺激性(いきしげきせい)のよくある質問

Q
自閉症スペクトラムは障がい者ですか?
A

「自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder: ASD)」は、主に対人関係が苦手であり、強いこだわりや独自の興味を持つなどの特徴をもつ発達障害の一つです。この症状が現れる程度や特性は患者によって異なり、幅広いスペクトラムを有しています。

こちらも参考に:感覚過敏とは?症状や原因、対処法、発達障害との関連性

参考:自律神経失調症とは?

Q
アカシジアとは何ですか?
A

アカシジアは、「静座不能症」と訳され、座ったままじっとしていられず、そわそわと動き回るという特徴があります。この症状の主な原因は抗精神病薬ですが、抗うつ薬や一部の医師から処方された胃腸薬などによっても引き起こされることがあります。

参考:自閉症スペクトラム障害(ASD)の特性とは?

参考:家族療法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました