• 用語集
  • 障害者の雇用の促進等に関する法律

障害者の雇用の促進等に関する法律

障害者の雇用を促進する法律は、障害者の雇用と在宅就労の増進に関する規定を含んでいます。この法律は一般に障害者雇用促進法と略されています。

こちらも参考に:就労継続支援A型とは?仕事内容と平均給料 | 利用までの流れ、B型との違いなど解説

こちらも参考に:発達障害者支援法とは ?基礎と2016年の一部改正について

障がい者雇用のよくある質問

Q
障害者雇用でいくら稼げるのか?
A
 身体障害知的障害
平均賃金215,000円117,000円
30時間以上労働248,000円137,000円
20時間~30時間労働86,000円82,000円
20時間未満労働67,000円51,000円

上記が平均的な給与です。

こちらも参考に:アリピプラゾール(エビリファイ)の効果と副作用

参考:発達障害者支援センターとは?

Q
障がい者を雇用するメリットは?
A

障がい者雇用は、企業にとって法的な義務だけでなく、多くのメリットをもたらします。 具体的には、社会的責任の履行によってブランドイメージが向上し、多様性のある職場環境を構築することで人材不足への対策が可能となり、業務フローの見直しにより業務効率が向上します。また、税制優遇や助成金の受給といった金銭的なサポートも得られるでしょう。

参考:ハローワーク(公共職業安定所)とは?

参考:ジョブコーチとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました