アイデンティティ

自己同一性は、心理学や社会学において、個人が自分自身を理解し、他者と区別し、自分の役割や価値観を認識する能力を指します。アイデンティティまたは同一性とも呼ばれることがあります。かつては「自我同一性」とも呼ばれていましたが、後に「自己同一性」とも表現されるようになりました。エリク・エリクソンによって提唱され、青年期の発達課題の一つとされています。

こちらも参考に:療育手帳(愛の手帳)とは?交付対象や申請方法、割引などのメリットを解説します

こちらも参考に:傷病手当金の支給期間が変更に!金額の計算方法、支給条件、併給できる給付を紹介

アイデンティティのよくある質問

Q
「アイデンティティ」の意味と使い方は?
A

「アイデンティティ」は、英語の「identity」に由来する外来語です。主な意味は、自己同一性や主体性、つまり「他者や社会との関わりの中での個性や自己の特徴」を指します。しかし、英語圏では、「自分の身元や身分を証明すること」にも用いられます。

こちらも参考に:ミルタザピン(リフレックス・レメロン)の効果と副作用

参考:ストレスマネジメントとは?

Q
アイデンティティの尊重とはどういうことでしょうか?
A

自分の起源や身体、社会的地位などを含め、自己を認識し、自己のアイデンティティ(それがなければ自己とは考えない属性や特性)を肯定的に受け入れることによって、自己を尊重することができます(人権の概念である「自己」)。

参考:愛着形成とは?

参考:社会的機能とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました