愛着形成

「愛着形成」は、1969年に精神科医のジョン・ボルビィが著書「愛着行動」の中で提唱した概念です。この考え方は、子どもが不安な時に親や身近な信頼できる人に寄り添い、安心しようとする行動を指します。赤ちゃんや幼い子供は、抱っこしてもらうことで安心します。同様に、私たち大人も怖い時や不安な時には、誰かに寄り添うことで安心感を得ることがあります。これが「愛着形成」の本質です

こちらも参考に:毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

参考:ストレスマネジメントとは?

 

 

愛着形成のよくある質問

Q
愛着が形成されないとどうなる?
A

愛着形成がうまくいかなかった人の場合、好奇心や積極性、自己肯定感が適切に育まれていないため、進学や就職などの重要な決断に苦労することがあります。また、それに伴ってアイデンティティの確立が困難になり、自分の存在価値について悩み、さらに自己肯定感が低下するケースが多く見られます。

こちらも参考に:発達障害で障害年金はもらえる?条件や申請方法。押さえておくべきポイント

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

Q
愛着は何歳までに形成される?
A

特に第3段階の生後6ヵ月から2歳頃までの間に愛着が形成されるとされています。生後6ヵ月頃になると、赤ちゃんは身近な人の顔がわかるようになり、あやしてもらうと喜んだり、抱っこをせがんだりする姿が見られるでしょう。愛情を込めて接してくれる大人とのやり取りの中で、養育者との愛着関係が深まっていくのです。

参考:アサーションとは?

参考:ADHD(注意欠如・多動症)とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました