• 用語集
  • 境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティ障害は、特徴的な考えや感情を持ち、物事の捉え方や行動に偏りが大きいために、人間関係を円滑に築くことが難しくなる疾患です。時には自分を傷つけるような衝動的な行動を示すことがあります。

こちらも参考に:オランザピン(ジプレキサ)の効果と副作用

こちらも参考に:スルピリド(ドグマチール,ミラドール,アビリット)の効果と副作用

 

境界性パーソナリティ障害のよくある質問

Q
境界性パーソナリティ障害の人はどんな気持ちですか?
A

人に見捨てられることを現実または妄想で強く恐れ、その不安を抱いています。人間関係が頻繁に変動し、コミュニケーションが安定しません。感情が急激に変動し、周囲の人々がついていくのが難しい状態です。怒りや傷つきやすさが顕著であり、情緒の安定が難しい状態にあります。

こちらも参考に:失業保険の特定理由離職者(特定受給資格者)とは?給付日数、必要書類、診断書などを解説

参考:境界線精神遅滞とは?

Q
境界性人格障害の人はどのように怒りますか?
A

境界性パーソナリティ障害の患者は、自分の怒りを適切にコントロールすることが難しく、しばしば不適切で強い怒りを示します。この怒りは、激しい皮肉や嫌味、または怒りに満ちた鋭い批判として表現されることがあります。

参考:自動思考とは?

参考:抽象的思考能力とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました