• 用語集
  • 発達障害「精神年齢2/3説」

発達障害「精神年齢2/3説」

発達障害「精神年齢2/3説」の概要

発達障害「精神年齢2/3説」とは、発達障害を持つ人の精神年齢が、実年齢の約2/3であるという俗説です。この説は、19世紀後半から20世紀前半にかけて欧米で提唱され、その後、日本でも広く知られるようになりました。

根拠

この説の根拠としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 知能検査の結果: 多くの知能検査では、言語能力や遂行能力など、様々な項目を評価します。発達障害を持つ人は、これらの項目のうち、特定の項目の得点だけが低いことが多くあります。そのため、全体的な知能指数(IQ)は低く出ますが、得意な項目だけを見ると、実年齢よりも低い年齢の子供の得点に近似することがあります。
  • 日常生活での困難さ: 発達障害を持つ人は、日常生活の中で様々な困難さを経験します。例えば、コミュニケーションが苦手だったり、学習が遅かったり、行動を抑制することが難しかったりします。これらの困難さは、実年齢よりも低い年齢の子供の状態に似ていると考えることができます。
  • 専門家の経験: 多くの専門家は、発達障害を持つ人の言動や行動が、実年齢よりも低い年齢の子供の言動や行動に似ていると感じる経験をしています。

批判

近年、この説に対しては、以下のような批判が出ています。

  • 科学的な根拠がない: この説を裏付けるような科学的な根拠は、ほとんどありません。知能検査の結果や日常生活での困難さは、様々な要因によって説明することができます。
  • 誤解を招く: この説は、発達障害を持つ人を子供扱いしたり、能力を低く見積もったりする誤解を招く可能性があります。
  • 個人の多様性を無視する: 発達障害を持つ人は、一人ひとり症状や特性が異なります。この説は、個人の多様性を無視し、画一的な見方を助長する可能性があります。

現代における考え方

現在では、発達障害を持つ人の精神年齢が実年齢の約2/3であるという考え方は、あまり一般的ではありません。発達障害は、脳機能の発達に偏りがあることが原因と考えられており、精神年齢という概念で単純に説明することはできません。

発達障害を持つ人の理解と支援を進めていくためには、個々の特性やニーズを丁寧に把握し、適切なサポートを提供することが重要です。

その他

  • この説は、あくまでも俗説であり、医学的な根拠に基づいたものではありません。
  • 発達障害を持つ人の特性は、人によって様々です。一概に精神年齢が低いと断言することはできません。
  • 発達障害に関する理解を深めるためには、信頼できる情報源を参照することが大切です。

参考情報

 

発達障害精神年齢2/3説のよくある質問

Q
3歳になっても言うことを聞かないのは発達障害ですか?
A
3歳児が言うことを聞かないのは成長過程の自然な現象であり、成長の証ともいえます。単に言うことを聞かないからといって「育て方を間違えた」と悩んだり、発達障害を疑ったりする必要はありません。
 
こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて 参考:医師の意見書とは?
Q
ADHDの精神年齢は?
A
ADHDの人の精神年齢は、実際の年齢の約2/3と考えると良いでしょう。つまり、10歳であれば精神年齢は約6歳程度と見なすことができます。ADHDの人は、行動の遂行に関わる脳の部位の皮質が通常の人よりも厚くなるのに時間がかかるという報告もあります。
 
参考:うつ状態とは? 参考:双極性障害、一型と二型の違いとは?
タイトルとURLをコピーしました