レット症候群

レット症候群では1歳6か月から3歳の間に、多くの子どもが、これまで行っていた手の運動が上手くできなくなります。手を合わせることや手をこすり合わせる仕草、手を絞るような動作など、特有の手の常同運動が現れることが一般的です。また、この時期には四つん這いや歩行などの運動機能も難しくなり、以前に出ていた言葉が出なくなる退行現象が見られることがあります。

 

こちらも参考に:スルピリド(ドグマチール,ミラドール,アビリット)の効果と副作用

こちらも参考に:毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

レット症候群のよくある質問

Q
レット症候群とはどんな病気ですか?
A

病気の約8割以上を占める典型的な患者では、生後6か月までは一見正常に見えますが、その後、体が柔らかくなり、四つ這いや歩行などの運動が遅れ、外界への反応が乏しくなり、視線が合いにくいなど、自閉症の症状が多く見られることがあります。

こちらも参考に:障害年金申請は「診断書」が9割!押さえるべき3つの注意点と流れ

参考:認知的技能訓練とは?

Q
赤ちゃんのレット症候群の特徴は?
A

レット症候群の赤ちゃんは、出生時や新生児期には周囲もほとんど病気に気づかないことがあります。しかし、生後6カ月から18カ月の期間に、大人しい態度や喃語が少ないこと、反応が少ないこと、よく寝ること、視線が合いにくいこと、手の運動が少ないこと、ハイハイができないことなど、微細な運動や知的な発達の遅れの症状が現れることがあります。

参考:個別支援計画(ISP)とは?

参考:障害児相談支援

コメント

タイトルとURLをコピーしました