疾病教育

疾病教育(しょくびょうきょういく)は、患者や一般の人々に対して特定の疾病や健康に関する情報を提供し、その理解を深め、健康維持や病気の予防、治療への積極的な参加を促すことを目的とした教育プロセスです。疾病教育は、医療機関や健康機関、学校、コミュニティなどさまざまな場面で行われます。

疾病教育の内容は、特定の疾病の原因や症状、治療法、予防法に関する情報から、健康な生活習慣や食事、運動などの健康増進に関する情報まで多岐にわたります。また、患者が自身の病状や治療について理解し、自己管理を行うためのスキルや知識も提供されます。

疾病教育は患者が主体的に参加し、医療や健康に関する意思決定に積極的にかかわることを奨励します。これにより、患者がより効果的に治療や予防活動に参加し、自身の健康状態を向上させることが期待されます。

こちらも参考に:カサンドラ症候群の理解と対処法 | 原因やなりやすい人の特徴

こちらも参考に:軽度知的障害とは?診断基準や発達障害との関係。困りごとと対処法。受けられる福祉について

疾病教育のよくある質問

Q
精神疾患の教育はいつから始まりますか?
A

日本の学校教育において、メンタルヘルスリテラシー教育が導入されました。小学校は2020年度、中学校は2021年度、高校は2022年度から開始される新学習指導要領において、現代の課題に対応するために、心の健康や精神疾患に関する内容が充実されることとなりました。

こちらも参考に:精神科訪問看護のサポート内容。需要や具体的な事例をご紹介!

参考:過干渉とは?

Q
精神疾患はなぜ若者に多いのか?
A

思春期は子供の成長過程において、さまざまな種類の精神疾患にかかりやすい時期です。心身の変化が大きく、受験などさまざまなストレスがかかりやすい環境で過ごすことが一般的であり、これらが精神疾患を引き起こしやすい要因とされています。本記事では、うつ病や摂食障害など、思春期の子供が罹りやすい精神疾患について解説します。

参考:認知的技能訓練とは?

参考:心理的虐待とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました