精神障害者の障害等級

精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定は、以下の手順に従います:(1) 精神疾患の有無の確認、(2) 精神疾患(機能障害)の状態の把握、(3) 能力障害(活動制限)の状態の把握、そして(4) 精神障害の程度の総合的な判定です。

こちらも参考に:大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

こちらも参考に:スルピリド(ドグマチール,ミラドール,アビリット)の効果と副作用

障害等級のよくある質問

Q
障害者の階級はいくつですか?
A

身体障害者手帳には、1級から7級までの等級が設けられています。等級が低いほど(例えば、1級)、障害の程度がより深刻であり、逆に等級が高いほど(例えば、7級)、障害の程度が軽いことを示しています。身体障害者手帳は、6級以上の障害を有する方に交付され、7級の障害だけでは交付対象となりません。この等級分けは、医師の詳細な診断と生活機能の評価に基づいて行われます。

こちらも参考に:発達年齢が平均的な子の7~8割の「境界知能」とは?支援や大人の特徴も紹介

参考:障害認定審査医員とは?

Q
障害者の等級はどうやって決まるの?
A

精神障害者保健福祉手帳の障害等級の判定は、以下の4つのステップに従って決定します。

(1) 精神疾患の存在の確認、

(2) 精神疾患(機能障害)の状態の確認、

(3) 能力障害(活動制限)の状態の確認、

(4) 精神障害の程度の総合判定。

参考:学習障害とは?

参考:障害状態確認届とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました