発達障害知的障害

先天的な疾患として、「発達障害と知的障害」があります。

発達障害とは部分的な知的障害であり、日常生活に支障が出ている状態を指します。 知的障害とは、発達期までに生じた知的発達の遅れにより、社会生活への適応が困難になっている状態のことです。

発達障害知的障害

過集中とは?メリット・デメリット、特徴や対策・発達障害(ADHD)との関係性

過集中とは、時間を忘れて過度に集中する状態を指します。集中力の持続は良い側面もありますが、「食事や睡眠を犠牲にして健康を損なう」「規則や優先順位を守れず関係が悪化する」といったリスクも存在しますので、適切な対策が必要です。 高い集中力...
発達障害知的障害

発達障害は遺伝する?原因は?兄弟間・親子間の確率など

2004年12月に公布された発達障害者支援法によると、発達障害には「自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害」などが含まれます。これらの障害は脳機能の障害に由来し、その症状は通常幼少期に現れますが、発達障害の...
発達障害知的障害

てんかんについて | てんかんとは

てんかんとは、どんな病気?脳の神経細(ニューロン)が激しい電気的な興奮により、引き起こされる脳の病気でてんかん発作を特徴とする慢性疾患であり、その発病には年齢や性別、人種の差がなく、世界保健機関(WHO)では脳の慢性疾患で様々な臨床症状や検...
発達障害知的障害

発達障害で障害年金はもらえる?条件や申請方法。押さえておくべきポイント

発達障害のある方が障害年金を受け取るための条件や申請方法このコラムでは「発達障害があり、障害年金を受け取りたい」と考えている方に向けて、障害年金の概要や対象となる条件、もらえる金額、申請方法など、知っておきたい基本情報を書いています。発達障...
発達障害知的障害

発達年齢が平均的な子の7~8割の「境界知能」とは?支援や大人の特徴も紹介

境界知能にある子どもの特徴とは?支援や大人の特徴も紹介【専門家監修】知的障害(知的発達症)と診断されていなくても、知的発達が平均範囲と知的障害(知的発達症)の境界線にある(境界知能)ことで、学校生活や日常生活で困りごとを抱えているこどもがい...
発達障害知的障害

大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とは?特徴やセルフチェックなど

大人の「自閉スペクトラム症(ASD)」とはASD(自閉スペクトラム症)とは、コミュニケーションや対人関係の困難、強いこだわり、限られた興味の特徴がある発達障害です。ASDには自閉症・高機能自閉症・アスペルガー症候群などが含まれます。ASDは...
発達障害知的障害

毒親とは?種類と特徴。 毒親に育てられた人はどうなる?

誰にとっても、親は特別な存在です。ただし、彼らは必ずしも常に「愛される存在」または「尊敬される個人」ではありません。「毒親」と呼ばれることのある、いわゆる「悪い親」もいます。親と会うと、気持ちが落ち着かない… 親の何気ない一言で傷ついてしま...
発達障害知的障害

社会不適合者とは?特徴・生き方・向いている仕事について

日常生活やビジネスの中で社会不適合者という言葉に触れ、自分がその一員ではないかと感じる瞬間はよくあるでしょう。上司や同僚とのコミュニケーションが難しい、頑張っているつもりでも遅刻が続く、他人に合わせられず、当たり前のことが難しいと感じる人は...
発達障害知的障害

相貌失認(失顔症)、症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて

「相貌失認」とは、他人の顔を認識できない状態を指します。「顔を覚えられない」 「名前を忘れてしまう」 もしかして、あなたも相貌失認の可能性があるかもしれません。顔のパーツは見えているのに、それをひとつの顔として結びつけることが難しいため、症...
発達障害知的障害

心が疲れやすくて生きづらいHSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)は、感受性が高く、環境刺激に敏感に反応する人々を指します。情報処理が深く、感情や環境変化に強く影響を受ける特性があります。共感力が高く、細部に気づき、洞察力が鋭いです。刺激による過負荷を感じやすく、...