薬の隔日法

薬の服用頻度を徐々に減らす方法です。 最初は1日おきに服用し、一定期間経過後に2日おきに服用間隔を延ばし、徐々に間隔を広げていきます。 一般的に、作用時間が短い薬は離脱が難しいとされています。 そのため、作用時間の短い薬から作用時間の長い薬に切り替えてから減薬していく方法があります。

こちらも参考に:うつ病で現れる初期症状・行動・対策や仕事復帰を目指すときのポイント

こちらも参考に:リワークプログラム・リワーク支援(心療内科・精神科)とは | メンタルヘルス不調により休職している方の職場復帰

 

隔日法のよくある質問

Q
ルネスタの苦味はなぜですか?
A

ルネスタを服用すると、翌朝に口の中に苦味が残ることがあります。これは、ルネスタの成分が唾液から分泌され、口の中に残るためと考えられています。

ルネスタの成分であるエスゾピクローンは、苦味成分を有しています。しかし、ルネスタ自体は苦くないため、この苦味成分が唾液から分泌されると考えられています。

苦味成分が唾液から分泌される理由は、完全にはわかっていません。しかし、エスゾピクロンが唾液腺を刺激して、苦味成分の分泌を促すのではないかと考えられています。

ルネスタの苦味は、服用者の約36%にみられると報告されています。苦味が気になる場合は、医師や薬剤師に相談してください。

こちらも参考に:ピアサポート・ピアサポーターとは?活動や目的、分野について

参考:易刺激性(いきしげきせい)とは?

Q
世界一強い睡眠薬は何ですか?
A

ベゲタミン錠は、現在使われている睡眠薬の中で最も強力な効果を発揮する薬です。1957年の発売と非常に古くからある薬で、その効果の強さから「飲む拘束衣」と呼ばれることもあります。

ベゲタミン錠は、3種類の成分の合剤となっています。そのうちの1つであるフェノバルビタールという成分は、安全性の低いバルビツール系の成分です。

参考:ドパミンD2受容体パーシャルアゴニスト作用とは?

参考:シグナル伝達ネットワークとは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました