セカンドオピニオン

現在の治療や診断について、担当医以外の医師に意見を求めることを「セカンドオピニオン」と呼びます。セカンドオピニオンは、現在の治療を継続しつつ、別の専門家の見解を得るためのものであり、「セカンドオピニオンを求めること=治療先を変更すること」とは異なります。
 

セカンドオピニオンのよくある質問

Q
セカンドオピニオンを受けるときの注意点は?
A
セカンドオピニオンを求める際には、疑問点や不明確な点を具体的に整理することが重要です。検査データを持参することが必須であり、担当医の了解も得る必要があります。セカンドオピニオンは通常、全額自費診療となり、健康保険は適用されません。
こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて 参考:医師の意見書とは?
Q
セカンドオピニオンの利点と欠点は何ですか?
A
セカンドオピニオンを求めることで、病気や治療についての理解が深まり、治療に集中しやすくなるというメリットがあります。一方で、セカンドオピニオンは公的医療保険制度が適用されない自由診療扱いとなるため、全額自己負担となり費用がかかるというデメリットもあります。
参考:ネグレクトとは? 参考:摂食障害とは?
タイトルとURLをコピーしました