PTSD

PTSD(Post-Traumatic Stress Disorder)は、非常に衝撃的な出来事(トラウマ)を経験した後、1か月以上にわたって、その出来事や記憶が無意識に繰り返し思い出されたり、夢に見たりするなどの症状が持続し、日常生活に支障をきたす状態を指します。日本語では「心的外傷後ストレス障害」とも呼ばれます。

PTSDは、極めて衝撃的な出来事(トラウマ)を経験したことが引き金となって発症します。この出来事には、災害、事故、暴力、ハラスメントなどさまざまなものが含まれます。

こちらも参考に:カサンドラ症候群の理解と対処法 | 原因やなりやすい人の特徴

こちらも参考に:ニューロダイバーシティとは「標準」を変えていく実践的活動

 

 

PTSDのよくある質問

Q
PTSDの症状は?
A

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder:心的外傷後ストレス障害)は、生死の境をさまよった経験の後、その出来事の記憶が自らの意思とは無関係に突然フラッシュバックしたり、悪夢に見たりするなど、不安や緊張が増したり、辛さから現実感を失ったりする状態を指します。

こちらも参考に:愛着障害(アタッチメント障害)大人の特徴|原因や治し方について

参考:トラウマセラピストとは?

Q
PTSDは回復しますか?
A

多くのPTSD患者は、約3カ月程度で自然回復することが期待されます。ただし、一部の患者は症状が1年以上続き、慢性化する場合もあります。治癒率は約75%であり、慢性化率は25%とされています。PTSDの慢性化を防ぐためには、早期の発見と治療が最も重要です。

参考:リフレクティングとは?

参考:治療方針とは?

タイトルとURLをコピーしました