トランス状態

トランス状態は、通常の意識状態から一時的に異なる意識状態へと移行することを指します。この状態では、個体がより深い集中や内省に入り、外部の刺激に対して鈍感になることがあります。トランス状態に入ることで、催眠療法や瞑想、宗教的な実践などが行われることがあります。

例えば、自己誘導のトランス状態では、個人が自己催眠や深い集中によってこの状態に入り、心身のリラックスや意識の変容を体験することがあります。また、特定の音楽、リズム、または儀式などがトランス状態の誘発に寄与することもあります。

こちらも参考に:反抗挑戦性障害(ODD : 反抗挑発症)とは?ADHDとの関係、カウンセリングと治療について

こちらも参考に:依存症になりやすい人の特徴と原因について

 

トランス状態のよくある質問

Q
トランス状態の例は?
A

人はトランス状態に入ることで、魂が離れたような感覚や他の存在が入り込んだような感覚を経験することがあります。また、五感が鋭敏になり、第六感や直感が増すこともあります。この状態では、忘我や恍惚の感覚に浸ることがあり、さまざまな異なる状況を指すことができます。

こちらも参考に:心理カウンセリングとは?内容や種類、効果、料金などを紹介

参考:解離性遁走とは?

Q
転換性精神病とは何ですか?
A

転換性障害は、身体的な症状が主に精神的な原因によって引き起こされる精神疾患の一種です。ストレスや葛藤などの精神的な要因が、身体的な症状として表れることが特徴であり、これが変換症とも呼ばれています。

参考:器質的原因とは?

参考:医療保護入院とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました