• 用語集
  • WISC(ウェクスラー式知能検査)

WISC(ウェクスラー式知能検査)

WISCは、ウィスクとも呼ばれ、ウェクスラー式知能検査の略称です。デビッド・ウェクスラーによって開発された知能検査で、1939年に初めて出版され、その後、5回改訂されています。

WISCは、5歳0か月から16歳11か月までの子どもの知能を測定する検査です。言語性検査と動作性検査の2つの部分から構成されており、言語性検査は言語能力を、動作性検査は非言語的な能力を測定します。

WISCの結果は、IQ(知能指数)という指標で表されます。IQは、言語性検査と動作性検査の結果を加算し、100を標準偏差15とした尺度で表されます。

WISCは、知能の程度を客観的に測定するための検査として、広く用いられています。学校や企業など、さまざまな場面で採用されています。

WISCの特徴は、以下のとおりです。

  • 知能の幅広い領域を測定できる
  • 信頼性と妥当性が高く、客観的な評価が可能
  • 日本語版が用意されており、日本国内でも広く用いられている

WISCは、知能の程度を測定するための重要な検査ですが、以下のような注意点もあります。

  • 文化的背景によって、結果が異なる可能性がある
  • 障害や疾患によって、結果が影響を受ける可能性がある

WISCの結果は、あくまでもひとつの指標であり、知能を完全に表すものではありません。また、WISCの結果をもとにして、子どもや人を決めつけることは避けるべきです。

こちらも参考に:特別児童扶養手当について

こちらも参考に:療育手帳(愛の手帳)とは?交付対象や申請方法、割引などのメリットを解説します

 

 

WISC(ウェクスラー式知能検査)

Q
ウェクスラー式知能検査ではどんな項目を検査するのでしょうか?
A

ウェクスラー式知能検査では、どのような情報が得られるのでしょうか? この検査では、IQだけでなく、4つの主要な指標に基づいた得点も提供されます。これらの指標は「言語理解」「知覚推理」「ワーキングメモリー」「処理速度」であり、これらを評価することで、自分の得意な領域や苦手な領域を把握することができます。

こちらも参考に:ロールシャッハテスト| 目的や歴史、診断手順、受検方法

参考:境界線精神遅滞とは?

Q
ウェクスラー式知能検査には何種類ありますか?
A

ウェクスラー式知能検査は、年齢に応じて以下の3つに区分されています。

  • WPPSI(ウィプシー):幼児向け(対象年齢2~7歳)
  • WISC(ウィスク):児童向け(対象年齢5歳~16歳11ヶ月)
  • WAIS(ウェイス):成人向け(対象年齢16歳~90歳11ヶ月)

参考:スタンフォード・ビネー知能検査(SB)とは?

参考:視覚処理能力とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました