重度訪問介護

「重度訪問介護」は、介護が必要な高度なケアが必要な方々に提供される、介護サービスの一つです。通常の訪問介護よりも専門的で高度な医療的ケアが含まれています。主に高齢者や身体障害者、慢性疾患を抱える方など、高度なケアが必要な方が対象となります。

以下は、一般的に「重度訪問介護」で提供されるサービスの例です:

  1. 身体介護: 入浴、排泄、食事の介助など、日常生活の基本的なケアが含まれます。
  2. 医療的ケア: 医師の処方に基づく薬の管理や、簡単な医療処置のサポートが提供されることがあります。
  3. リハビリテーション: 理学療法や作業療法、言語聴覚療法など、機能の向上や維持を目的とするリハビリテーションが行われることがあります。
  4. 医療機器の使用サポート: 人工呼吸器や複雑な医療機器の使用に関するサポートが提供されることがあります。
  5. 緊急時の対応: 予期せぬ緊急事態に対する対応や、医療機関との調整が行われます。

サービス内容は個々のケースによって異なり、必要なケアの内容は事前の評価などを基に決定されます。また、地域や自治体によっても提供されるサービスの範囲や内容に差異があります。

重度訪問介護のよくある質問

Q
重度訪問介護は何時間まで受けられますか?
A

重度訪問介護は、24時間連続で介護を必要とする方に提供されるサービスです。具体的な介護の必要時間は、利用者の状況を市町村に説明し、その結果、必要な介護サービスの時間を確保することができます。このサービスでは、原則として利用者自身の自己負担は必要ありません。低所得の障がい者の場合は、サービス利用にかかる費用が無料となります。

こちらも参考に:国民健康保険料の免除について

参考:障害者総合支援法とは?

Q
重度訪問介護の要件は?
A

通常、18歳以上の重度の肢体不自由者、知的障害者、精神障害者が重度訪問介護を利用できることが原則とされています。ただし、例外的な場合として、児童相談所長が必要性を認める場合、15歳以上の障害児でも重度訪問介護のサービスを利用することが可能です。

参考:社会福祉士とは?

参考:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構「地域障害者職業センター」

コメント

タイトルとURLをコピーしました