解離性健忘

解離性健忘症状は、一定の期間にわたる記憶の損失や欠落を特徴とする解離性障害の一部です。これにより、個人は自分や他の人との重要な出来事や情報を思い出せなくなります。解離性健忘は、通常、急激なストレス、トラウマ、過度の心的圧力などが原因で発生することがあります。

この症状が現れると、本人はその期間中に何が起こったのかを思い出すことができません。解離性健忘は一時的なものであることもありますが、長期にわたる場合もあります。治療の一環として、精神療法や認知行動療法が用いられることがあります。

こちらも参考に:パーソナリティ障害(人格障害)の特徴、種類、診断、治療について

こちらも参考に:依存症になりやすい人の特徴と原因について

 

解離性健忘のよくある質問

Q
解離性健忘 どんな感じ?
A

解離性健忘は、通常、一般的な出来事や社会的な知識などの記憶は保たれたままである中で、特定の個人的な出来事や経験に関連する記憶が一時的に欠落してしまう現象です。これは心的外傷や強烈なストレスに関連する個人的な記憶が、選択的に思い出せなくなることが一般的です。ただし、まれには自分の名前や経歴など、すべての記憶が一時的に失われる場合もあります。

こちらも参考に:【2023年最新】精神保健福祉士(MHSW : 旧PWS)とは?

参考:臨床心理士とは?

Q
解離性健忘になりやすい人は?
A

解離性健忘は、以下の条件が揃うと発生しやすいことが知られています

  1. 小児期における好ましくない体験,特に身体的あるいは性的な虐待が頻繁にある場合。
  2. 暴力が含まれる人間関係が存在する場合。
  3. 心的外傷が重篤であり、その頻度や暴力性が高い場合。

参考:労務不能期間とは?

参考:器質的原因とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました