器質的原因

器質的原因は、生体の組織や器官に生じた異常や損傷による原因を指します。これは主に身体的な変化や機能の障害に関連しており、心身の症状や疾患が生じる根本的な生物学的な要因を指す言葉です。

例えば、器質的な原因として考えられるものには、脳の損傷、神経系の異常、内分泌系の不調、または他の生理学的な変化が含まれます。これらの要因が心身の症状や障害を引き起こすことがあります。

精神疾患や神経症状においても、器質的原因が関与している場合があり、これは診断や治療の際に考慮される重要な要素です。

こちらも参考に:相貌失認(失顔症)、症状、原因、相談・診断・受診先から、発達障害との関わりについて

こちらも参考に:心が疲れやすくて生きづらいHSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンについて

 

器質的原因とは?

Q
嚥下機能的原因とは?
A

機能的原因による嚥下障害は、嚥下に必要な筋肉や神経に異常が生じた結果起こります。例えば、脳卒中による運動麻痺や認知機能障害、パーキンソン病などの神経筋変性疾患が、これらの障害の原因として考えられています。同様に、鎮静剤や向精神薬の使用により、嚥下に関与する器官の機能が低下することも、機能的な嚥下障害の原因とされています。

こちらも参考に:求職者支援資金融資はどんな制度?誰が対象でいくら借りられるの?

こちらも参考に:生活福祉資金貸付制度(総合支援資金)の審査に通過して借り入れする方法

Q
器質的な摂食障害とは?
A

器質的(解剖学的)障害は、口腔、咽頭、食道などの解剖学的構造に異常がある場合に発生します。この状態では、食塊が通る際に障害物が存在する可能性があります。口腔・咽頭の腫瘍、例えば舌がんや咽頭がんによるものや、手術後の合併症が原因となることがよく見られます。

参考:障害認定審査医員とは?

参考:痙攣性疾患とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました