抽象的思考能力

抽象的思考能力とは、物事を具体的な事象や事柄から離れて、概念や原理、法則などの抽象的な概念で捉える能力です。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • 類似性や違いを見つける
  • 原因と結果を推論する
  • 一般化や抽象化をする
  • 仮説を立てて検証する

抽象的思考能力は、学習や仕事、日常生活など、さまざまな場面で役立ちます。

たとえば、学習では、抽象的思考能力によって、教科書や参考書などの抽象的な記述を理解したり、複雑な問題を解いたりすることができます。

仕事では、抽象的思考能力によって、新しいアイデアを生み出したり、問題解決をしたりすることができます。

日常生活では、抽象的思考能力によって、社会のルールやマナーを理解したり、他人の気持ちを理解したりすることができます。

抽象的思考能力を鍛えるためには、以下のようなものが有効です。

  • 読書や新聞を読む
  • 問題集やパズルなどの問題を解く
  • 新しいことに挑戦する
  • 人と議論する

抽象的思考能力を身につけることで、より豊かな人生を送ることができるでしょう。

なお、抽象的思考能力は、生まれつきの資質も影響しますが、後天的に鍛えることも可能です。

こちらも参考に:発達障害と障害者手帳 取得できる条件や手帳の種類や申請手順について解説

こちらも参考に:強度行動障害とは?原因や症状、対応や支援について

抽象的思考能力のよくある質問

Q
抽象的な思考の具体例は?
A

抽象的な思考により、重要な情報を抽出し、本質を見抜く力が向上します。たとえば、「4本足を持つ動物」「哺乳類」といった表現は、猫だけでなく他の動物にも広く当てはまる特徴を指し示しています。

こちらも参考に:スルピリド(ドグマチール,ミラドール,アビリット)の効果と副作用

こちらも参考に:【2023年最新】サービス管理責任者(サビ管)とは?資格の取り方、仕事内容・働く場所・給与を解説

Q
具体的思考と抽象的思考の違いは何ですか?
A

つまり、具体的思考は情報をより狭く分解して考えることを指し、一方で抽象的思考はより広く、大きなまとまりで情報を捉えることを意味します。

参考:臨床心理士とは?

参考:自動思考とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました