心理学的検査

心理学的検査は、個人の心理的特性や機能、行動、感情などを評価するための手法です。これらの検査は、心理学の原則と理論に基づいて構築され、主に心理学者や臨床心理士などの専門家が実施します。以下は、心理学的検査の特徴と一般的な用途です。

  1. 客観的な評価: 心理学的検査は、主観的な意見や感触ではなく、客観的なデータに基づいて行われます。これにより、客観的で一貫性のある評価が可能となります。
  2. 標準化: 大規模なサンプルを対象にして検査が標準化されています。これは、特定の年齢や人口グループにおいて、他の個人と比較するための基準を提供します。
  3. 複数の領域の評価: 心理学的検査は、知能、認知能力、感情、行動、パーソナリティなど、さまざまな領域にわたって評価を行います。これにより、総合的な理解が可能となります。
  4. 診断や治療計画の補完: 臨床心理学や精神医学では、心理学的検査が診断の一環として使用されることがあります。また、治療計画の策定や進捗のモニタリングにも役立ちます。
  5. 質問紙やテストの使用: 心理学的検査には、標準化された質問紙やテストが含まれます。被験者はこれらの質問や課題に回答し、その結果が分析されます。

心理学的検査は、異なる目的や領域において広く使用され、個々の特性や問題の理解、評価、および対処に貢献します。

こちらも参考に:発達年齢が平均的な子の7~8割の「境界知能」とは?支援や大人の特徴も紹介

こちらも参考に:ンサータ(メチルフェニデート) ADHD(注意欠如・多動症)の薬について

心理学的検査のよくある質問

Q
心理学的検査にはどんな種類がありますか?
A

検査には、知能検査(例:ビネー式、WAIS、WISC)、発達検査(例:新版K式など)、人格検査(質問紙法、例:MMPI、Y-G、CMI、および作業検査法、投影法、例:ロールシャッハテスト、SCT、TATなど)などがあります。

こちらも参考に:特例子会社とは?職種や給与、働くメリットやデメリットについて

参考:疾病教育とは?

Q
WAIS検査で何がわかるのか?
A

WAISと呼ばれる知能検査を用いて、総合的な知的能力(全検査IQ)、言語理解、知覚推理、ワーキングメモリー、処理速度などを評価することができます。WAISは、単に全体的なIQだけでなく、個人内での能力のばらつきなどを明確に把握することができるという特長があります。

参考:ウェクスラー児童知能検査(WISC)とは?

参考:臨床心理士とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました