考想吹入(思考吹入)

考想吹入とは、自分のものではないと分かっている考えが頭に押し込まれると感じることを指します。これは、しばしば異常な状態であり、その人が自分の意志でその考えを持っているわけではないと感じることが特徴です。

こちらも参考に:精神科訪問看護(MHSW : 旧PWS)でできることは?サポート内容や具体的な事例をご紹介!

こちらも参考に:国民健康保険料の免除について

 

考想吹入(思考吹入)のよくある質問

Q
思考化声の例は?
A

自分が思っていることや考えていることが、声として聞こえてくることもあります。これを考想化声や思考化声と呼びます。例えば、腹がすいたと感じると、遠くから「腹がすいた」という声が聞こえることがあります。幻聴は通常、実際の声と同様に聞こえるため、実際の声との区別が難しい場合が多いです。

こちらも参考に:ピアサポート・ピアサポーターとは?活動や目的、分野について

参考:思考奪取とは?

Q
神様の声が聞こえるのは病気ですか?
A

聞こえる声が幻聴である可能性があります。幻聴は、脳の器質的な障害や統合失調症(精神分裂病)などの状態で生じることがありますが、健康な人でも山や海での遭難や疲労、死の恐怖が重なったとき、あるいは入眠時に幻聴が現れることがあります。

参考:前駆症状とは?

参考:昏迷とは?

タイトルとURLをコピーしました